ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真

d0251387_21083578.jpg

昨夜の21Pです。
昨夜は久々に晴れてすさみまで遠征
最後の21P撮影まで、晴れてくれて、良かったです。
津村さんには50cmのドブでいろんなものを見せて頂いて
とても充実した夜をすごせました。...
一緒に参加したがま口壊れ隊のメンバーの皆さんや
当日ご一緒した皆様、お疲れ様でした。


久々のFSQ106EDでしたが、前回の回転装置調整後は
スケアリングもまずまずです。

[PR]
# by tenmontyu2 | 2018-09-17 21:08 | 天体写真 | Comments(1)
新月期に晴れないですね、天体写真を撮りたい病もピークなんですが
仕方が無いので、過去画像を使って画像処理の勉強をしてます。

d0251387_05353723.jpg
今年の初めに星ナビに入選したオリオン中心部です。
左が当時の処理、右が現在
当時の処理は今見ると彩度が低いように思います。

d0251387_05355955.jpg
とりあえず完成版です。
しかし、新たに撮影した題材で画像処理したいですね。
晴れないかなぁ~

[PR]
# by tenmontyu2 | 2018-09-16 05:38 | 天体写真 | Comments(0)
作品用のプリンターを新調しました。
まだ動いてますが、現在の主力プリンターは
Canon PRO9000MK-2でこれは2010年にニコンサロンで個展を開催したときに購入した
プリンターでもう8年になります。

「生きる」というタイトルで昆虫、野鳥を中心にしたテーマでした。

さて、今回はエプソンのPX5V-2という顔料インクの9色プリンターを購入
顔料プリンターは初めてなので、扱いに慣れるまで時間がかかりそうです。

d0251387_15314924.jpg
左がCanon PRO9000MK-2
右がEPSON PX5V-2です。


d0251387_15321765.jpg
これが元画像です。
元画像とプリントのマッチングは明らかにPX5V-2が良いですね。
しかし、今まで、PRO9000MK-2でプリントすると丁度良い程度に
処理していたので、ちょっと暗めです。
PX5V-Ⅱでプリントするときは明るめでプリントする必要がありそうですね。

しかし、このプリンターのインクは馬鹿高いですね~
9本セットを純正で買うと約2万円です。
プリントするときには気合が入りそうです。(汗)





[PR]
# by tenmontyu2 | 2018-09-04 15:46 | 機材 | Comments(0)
d0251387_20285213.jpg


みつえの星を見る会(観望会)での撮影その3は初めて撮影する対象の

通称 パックマン星雲です。


笠井 BLANCA130-EDTII
笠井 0.8RD
Vixen SXP赤道儀...
アドバンスユニットによるオートガイド
ASTRO60D
ISO4000 180s×33コマ 99分
冷却温度 -9度


このくらいの大きさの星雲だとBLANCA130-EDTIIに0.8RD+APS-Cくらいの画角

が丁度良いですね~。

最近、イプシロンかカメラレンズでの撮影ばかりでしたが、屈折望遠鏡の撮影も良いですね。

そういえば、FSQ106EDはもう一年くらい使ってないので、そろそろ撮影に使ってみようかなぁ

なんて、思っています。

まあ、レデューサーつけてフルサイズならF3.6 FL380mmなので、ニコンのサンニッパの方が画角も広く

A4プリントだと大差ないので、中々出番無いです。(汗)


[PR]
# by tenmontyu2 | 2018-08-30 20:37 | 天体写真 | Comments(0)

8/18のみつえの星を見る会の会場にて


d0251387_12002262.jpg

クレセント星雲

クレセント星雲は単独で撮るのは初めてです。
サドル付近を撮影すると構図的に入れることは多々ありましたが。

しかし、この対象はデジカメで撮影すると、星雲内のディーテルを表現することは

難しいですね。

もう少し焦点距離の長いGS200RCとかで撮る方がよいかも知れないですね。


笠井のBLANCA130EDT2と笠井0.8RD-2はAPS-Cの画角だと、周辺まで殆ど

均一の星像でこの鏡筒はフルサイズ+フラットナーかAPS-C+RDのどちらかでの撮影

で継続して撮影できそうですね。

まあ、フルサイズは流石に周辺が少し流れますが、フルサイズようのフラットナーはバックフォーカスが

調整できる構造なので、フラットナーでのバックフォーカスの検証をする必要がありますね。


笠井 BLANCA130-EDTII
笠井 0.8RD
Vixen SXP赤道儀...
アドバンスユニットによるオートガイド
ASTRO60D
ISO4000 180s×33コマ 99分
冷却温度 -9度



[PR]
# by tenmontyu2 | 2018-08-26 11:58 | 天体写真 | Comments(0)