ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

カテゴリ:天体写真( 301 )

構図が少し悪くて、放置していたファイルを画像処理しました。
M42 オリオンの大星雲です。

d0251387_7364061.jpg


Vixen ED103S F7.7
LPS-D1光害カットフィルター使用
Vixen SXP赤道儀+アドバンスユニット
ガイド鏡 タカハシFS-60Q+ワテック902H2
60D-FM ISO1600 180秒×5枚

合計露出時間は15分程度ですが、この星雲は明るいので
この程度の露出でも結構淡い部分が写りますね。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-02-16 07:30 | 天体写真 | Comments(0)
再画像処理シリーズもネタが少なくなってきました。(汗笑)

今回は M63 ひまわり銀河です。

d0251387_2092785.jpg


1278ミリをトリミングしてもこの大きさは小さいですね。
次回は1800ミリでのチャレンジですね。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-02-15 20:14 | 天体写真 | Comments(0)
再画像処理シリーズ M1 かに星雲です。

d0251387_22105560.jpg


Vixen ED103S F7.7
LPS-D1光害カットフィルター使用
Vixen SXP赤道儀+アドバンスユニット
ガイド鏡 タカハシFS-60Q+ワテック902H2

ISO 1600 420s×5

d0251387_2244681.jpg


Vixen VC200L+レデューサー0.71
1278mmF6.4
Vixen SXP+アドバンスユニット+ワテック902H
オートガイド
60D-FM

ISO 3200 360s×1+ISO 1600 360s×2
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-02-13 22:17 | 天体写真 | Comments(0)
例によって、再画像シリーズです。

今回はNGC2903を再画像処理しました。

d0251387_22391478.jpg


トリミングなしです。
1278mm F6.4 APS-Cですから、35ミリフィルム換算だとキャノンは1.6倍
ですから2044mmに成ります。

VC-200Lだとスパイダーが太いので、イマイチ輝星に付くクロスが
太めですが、ワンポイントになります。

d0251387_22394431.jpg


こちらは適度にトリミングして、星雲の構造を見やすくしましたが
そのため、粗もわかり易くなってしまいました。(汗)
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-02-12 22:35 | 天体写真 | Comments(0)
最画像処理シリーズです。(笑)

M81再画像処理をしました。
今回はトリミングなしの画像です。
元々は縦位置だったのです。

d0251387_23243394.jpg

[PR]
by tenmontyu2 | 2014-02-09 23:25 | 天体写真 | Comments(2)
最近天候が良くない日が続いてますね。
とりあえず、こんな日が続くと以前処理した画像処理の見直し
ばかりやってます。(笑)

12/29撮影分の昴を再処理

d0251387_8182155.jpg


以前のものより、昴らしい青を少し強調しました。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-02-08 08:18 | 天体写真 | Comments(0)
年末撮影のバラ星雲と馬頭星雲を再画像処理しました。

現在、画像処理の修行中にて、少しづつでもスキルアップできればと
考えていますが、前よりよくなってるでしょうか?

d0251387_19544111.jpg


バラ星雲

前回は星雲全体的に真っ赤でしたが、今回は少し色の差を重視しつつ
淡い部分も前回と同程度抽出しました。

d0251387_19572211.jpg


馬頭星雲

こちらも、前回は燃える木の部分を含め、全体に真っ赤だった色調を
調整しています。
馬頭の部分は、コントラストを少し上げています。

d0251387_2042742.jpg


1/4撮影分のバラもついでに同じ処理しました。

まあ、微妙ですが。。。(汗笑)
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-02-05 19:59 | 天体写真 | Comments(0)
先日のM51を再現像&再レタッチしてみました。

d0251387_21371661.jpg


正方形にトリミングしました。

660万画素相当のトリミングです。(笑)
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-02-03 21:39 | 天体写真 | Comments(0)
後編です。

撮影機材は共通

Vixen VC200L+レデューサー0.71
1278mmF6.4
Vixen SXP+アドバンスユニット+ワテック902H
オートガイド
60D-FM

この日の神野山には、撮影機材が10台以上並んでいて、とても盛況でした。

d0251387_1985697.jpg


M101 回転花火銀河

ISO 3200 360s×2+ISO 1600 420s×2

やっぱり薄いですね、この銀河。
再度のリベンジが必要です。
前回よりはよくなっていますが、まだまだですね。
この日は、透明度が悪くて条件が厳しかったのも理由のひとつかもしれません。
次は、透明度の良い日にチャレンジです。

d0251387_19123197.jpg


NGC2903

ISO 3200 360s×2+ISO 1600 360s×2

初挑戦の対象です。
この天体も、レデューサーなしでチャレンジしたいです。

d0251387_19155164.jpg


M106

初挑戦の対象です。
この天体は外周の薄い部分の写りが悪く難しい対象ですね。
透明度の高い日にチャレンジしたいです。

撮影を重ねるごとに、少しずつ良くなっていると思うのですが
次から次へと新しい課題が出てきます。

機材の限界までのクオリティを引き出すことは、中々容易ではないですね。
奥が深い。

少しずつスキルをアップしていきたいと思います。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-02-02 19:22 | 天体写真 | Comments(0)
今回は、新たな対象を撮る前に前回不満に終わった対象天体の
リベンジが目的です。
で、リベンジできたかと云われると微妙ですが、少なくとも
前回撮影よりは、よくなっています。

2/1の神野山での撮影分です。

撮影機材は共通

Vixen VC200L+レデューサー0.71
1278mmF6.4
Vixen SXP+アドバンスユニット+ワテック902H
オートガイド
60D-FM

d0251387_17363671.jpg


ISO 3200 360s×1+ISO 1600 360s×6

まだまだですが、それでも今までのM51の中ではベストです。
次回はレデューサー無しの1800mmでチャレンジしたいです。

d0251387_17511788.jpg


M81
ISO 3200 300s×1+ISO 1600 300s×2 ISO 1600 360s×2

前回の795mmF7.7から1278mmF6.4にアップしてかなり詳細が写るようになりました。
もう少し露出をかけたい対象です。

d0251387_17565917.jpg


M82

ISO 1600 240s×4

M82といえば、今話題の超新星です。
勿論、超新星もバッチリ写りました。
超新星は10.5等星だったと思うので、かなり明るく写っています。
撮影の準備でガイド鏡のFS-60Qで何とか見えましたので、本当に明るいです。
ちなみにこの超新星のあるM82は約1200万光年離れた系外銀河の中の恒星です。
最近発見された超新星の中では、もっとも近い距離ですが、それでもこの爆発が1200万年前
と考えると、宇宙のスケールの大きさに改めて驚きます。

d0251387_1864910.jpg


M1 かに星雲

ISO 3200 360s×1+ISO 1600 360s×2

これも、前回よりもフィラメント構造が良く写りました。
次回はレデューサーなしでチャレンジです。

とりあえず、後編につづきます。(笑)
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-02-02 18:14 | 天体写真 | Comments(2)