ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真

今期最初の大台ケ原遠征2 ツァイスアポゾナー135mmF2編 その4

前回の大台ケ原遠征の撮影分もコレが最後です。

d0251387_20072853.jpg
バンビの横顔付近

Vixen AP赤道儀+SB10
コーワ100mmF2.8+コーワCマウント用2倍テレコン+QHY5L
PHDガイド
Nikon D810A

F2--------F2.8
ISO3200 60s×34コマ 34分

ツァイス アポゾナー135mmF2は本当に良いレンズですね。
一段絞ったF2.8で四隅までほぼ満足いく画質で、まぁ重箱の隅をつつく方でも
F3.5まで絞れば、天体望遠鏡顔負けの画質です。
このレンズで、広い視野を一網打尽に出来ますね。
ISO3200で撮影すれば30分から60分の間で、それなりに満足できる作品が撮れます。
もっとも、更に画質にこだわれば、ISO1600に抑えて撮れば、撮影時間は並の長さに
近くなりますが、私の感覚としては、30コマ以上あれば、それ程差が無いのではと
思っています。
やはり、明るさは正義なのだと思います。

[PR]
by tenmontyu2 | 2018-05-10 20:15 | 天体写真 | Comments(0)