ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

天気の悪い日が続きますね。
ブログの更新も滞りますね~。
そこで、今年撮影した、天体写真の画像処理を再処理しました。

d0251387_16018100.jpg


NGC7000 北アメリカ星雲
FSQ106ED+RD 382mmF3.6

タカハシに調整で3ヶ月かかって戻ってきた時にテスト撮影しました。
以前のように、左右の星の色の傾きは僅かになって、使えるレベルになりました。

ちなみに今年からは、神野山がま口壊れ隊のまーくんにフラット撮影を勧められて
フラット撮影をするようになりました。
まだまだ、フラットのマッチングはイマイチですが、最初の頃よりは少しフラット撮影にもなれて来ました。

d0251387_16617.jpg


北アメリカとペリカン星雲

FS60CB+RD 255mmF4.2

この鏡筒はFSQ106ED以上にスケアリングの狂いが醜く使い物にならないものでしたが
ケーアステックの鏡筒バンドセット(接眼部保持タイプ)とタカハシ カメラマウントDX-60W
の調整で見事に生き返りました。
今後は、この鏡筒は遠征のサブとして、ビクセンAP赤道儀に載せての運用率が高くなると思ってます。

d0251387_1612971.jpg


M8-20

ε-180ED 500mmF2.8

今年になって投入した鏡筒です。
のスケアリングとタカハシの鏡筒不信に陥っていた私ですが
この鏡筒はとても素晴らしいです。
勿論、FSQ106EDとFS60CB+RDの2本も使えるレベルに復活したので
今や、撮影鏡筒のメインはタカハシにシフトしてしまいました。
この三本とあと、SKY90があり、SKY90は眼視にはちょっと難点のある鏡筒ですが
撮影はとても素晴らしいです。


d0251387_16114696.jpg


M8-20

FSQ106ED+RD 382mmF3.6

今年の前半戦はテスト撮影ばかりなので、総じて露出不足の対象が多かったです。
処理していても、もっと撮れば良かったみたいな後悔が多かったです。
どうしても、遠征に行くとあれもこれも撮りたいみたいな事になってどっちつかずに成っていました。
やはり、遠征には、二台体制で臨むことが、結果的に良いかもしれません。
2台体制であれやこれや撮るとかなり忙しいですから、余裕のある撮影スケジュールだと
必然的に、一対象の撮影枚数を増やすことで、バランスすることが望ましいと。

d0251387_16185274.jpg


M8-20

d0251387_16191337.jpg


M16-17

どちらも
FS60CB+RD 255mmF4.2

やはりこの焦点距離は使いやすいです。
この鏡筒は春以外は撮る対象いっぱいありますね。

さて、最後は長焦点撮影機のメインGS200RC+RD0.8

d0251387_16311761.jpg


GS200RC+RD0.8 1280mmF6.4

系外銀河、惑星状星雲、散光星雲、球状星団と対象のクローズアップにはメインの鏡筒です。

調整はちょっと時間が掛かるのが難点ですが、その辺も随分なれたので
コンスタントに結果の出せる鏡筒です。
二台体制のメインはこの鏡筒か、FSQ106EDもしくはε-180EDと言うことに成ります。

ε-180EDはAXDでの運用、FSQ106EDはSXPでの運用になるので
ε-180EDは気合の入った遠征地で使いたいですね。
出来れば連泊とかで。

また、GS200RCは神野山の活躍がやはりメインになりそうですね。
長焦点でFが暗い鏡筒はなんと言っても神野山です。(笑)
[PR]
# by tenmontyu2 | 2016-09-22 16:39 | 天体写真 | Comments(0)
久しぶりのトンボに撮影へ行って来ました。

d0251387_18563055.jpg


トンボと言えばギンヤンマですね。

D7100+タムロン180mmF3.5Diマクロ

タムロンのこのレンズはAF遅いので、MFで撮影。
って言うか、今回は全てMFです。

d0251387_18584032.jpg


シオカラトンボの産卵警護飛行

d0251387_18592862.jpg


両方にピントを合わせるのは至難の業です。雌にしか合ってません。(汗)

d0251387_1903639.jpg


d0251387_1905632.jpg


d0251387_19156.jpg


久しぶりのトンボの飛翔撮影でしたが、何とか撮れました。
一度身についたスキルはそうそうに駄目にはならないようで、安心しました。
ギンヤンマのシーズンもそろそろ終盤、今日は雌が居なくて、産卵シーンが撮れなくて残念でした。
[PR]
# by tenmontyu2 | 2016-09-04 19:04 | 昆虫写真 | Comments(0)
FS60CB+RD最終テストを贅沢にも福知山の良い空で試してきました。

遠征メンバーは何時ものまーくん、くろさん、ノブさんと私の4名です。
私とノブさんはこの場所初めてです。
寂しい場所なので、一人ではちょっと怖くて行けないかもです。

d0251387_212237.jpg


M8-20付近

FS60CB+RD 255mmF4.2 K-ASTEC ASバンドセット



このASバンドセットは鏡筒とレデューサーの両方を保持するので接眼部のたわみで起こるスケアリングに
対してかなり有効です。
ケーアスの川野さんにも直接相談して、このバンドセットを買いました。

Vixen SXP
centralDS ASTRO60D
HEUBI-2 フィルター
ステラショット 自動導入補正 オートガイド 

ISO3200 120s×5枚
冷却温度 -5.5度

この日は薄雲通過が多くて、おまけに撮影時刻も遅くて、5枚しか撮れませんでした。

d0251387_21182542.jpg


M16-17

ISO3200 120s×10枚

以前のような醜いスケアリングはありません。
ちなみに以前は

d0251387_21203551.jpg


これです。左の星が赤く、右の星が青い・・・・(滝汗)

ちなみに、タカハシの カメラマウントDX-60Wを使ってましたが、こいつの精度もいまひとつで
挟み物(アルミホイル)で調整しました。

このアンドロメダと比べると見違えるほど良くなりました。
このくらいだと、この鏡筒を使ってみようって気になります。
これからは、広がりのある大きな対象はこの鏡筒かなぁと思っています。

d0251387_21254716.jpg


サドル付近

ISO3200 120s×10枚

d0251387_2127282.jpg


北アメリカとペリカン

ISO3200 180s×12枚

今回この対象が一番長い露光です。
まあ、それでも短いですが。。。
まあ、テスト撮影でしたので。
次回は、回転装置も使用して、回転装置によるスケアリングの狂いも無いか確かめたいです。

d0251387_21295756.jpg


ハート星雲

ISO6400 120s×16枚

露出が足りませんね、この対象はこの鏡筒でこの秋にじっくり撮りたいです。

d0251387_21324414.jpg


ISO3200 60s×5枚

星のスケアリングによる色ずれの確認にはhxがわかりやすいですね。
[PR]
# by tenmontyu2 | 2016-09-02 21:36 | 天体写真 | Comments(0)
御杖高原で久しぶりにFSQ106ED+RD0.73を使ってみました。

d0251387_16294013.jpg


北アメリカ星雲

タカハシ FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
centralDS ASTRO60D 冷却温度 -4.5度
ペンシルボーグ+QHY5LⅡ-M+ステラショット1.5

180s×20コマ ISO3200

d0251387_16332174.jpg


網状星雲

180s×20コマ ISO3200

d0251387_16341437.jpg


アンドロメダ大銀河

180s×20コマ ISO3200

d0251387_1635376.jpg


hx 二重星団

120s×20コマ ISO1600

やはり屈折は難しいですね、この鏡筒は温度変化に敏感て゜ピント位置は変わるし、星の色も
マゼンダ系やグリーン系に傾きやすいです。今回は星の色のカプリはすまない方です。(汗)
[PR]
# by tenmontyu2 | 2016-08-15 16:41 | 天体写真 | Comments(2)
星空観望 観測会 に行って来ました。
神野山天文クラブ主催の恒例観望会です。

今回はGINJI300FN+Watec910HXによるリアル動画上映です。
神野山グラウンドのバックネットにスクリーンを設置して、プロジェクターでリアルタイムに星雲星団を観客に見ていただく趣向です。
今回は私は本観望会の幹事ということでしたが、結局プロジェクター上映の設置と上映にかかりきりで
幹事らしいことは一切出来ませんでしたが、リアル上映会方は、おかげさまで大盛況でした。
プロジェクターを見ながら解説してしばらく気がつかなかったですが、ふと、後を見ると観客が50名以上、、(汗)
なんとか、無事にPM10:00過ぎには無事終了しました。

上映会の後、鏡筒をFSQ106EDに切り替えて撮影と思ってましたが、湿度が高く、そのままGINJI300FNで
撮影することにしました。

d0251387_1892767.jpg


M33

フラット処理してますが、強調すると、
完全に合いません(汗) 限界までHa強調しました。

GINJI300FN+MPCC_MK3
ASTRO60D 冷却温度 -4.5度
Vixen AXD

ISO3200 240s×20コマ 80分

d0251387_18104113.jpg


網状星雲

GINJI300FN+MPCC_MK3
ASTRO60D 冷却温度 -4.5度
Vixen AXD

ISO3200 180s×20コマ 60分

観望のみのつもりで、光軸調整はアバウトでした。(汗)
星像がいびつですね。(汗)

d0251387_18114236.jpg


NGC891

GINJI300FN+MPCC_MK3
ASTRO60D 冷却温度 -4.5度
Vixen AXD

ISO3200 240s×20コマ 80分

d0251387_18122765.jpg


M27

GINJI300FN+MPCC_MK3
ASTRO60D 冷却温度 -4.5度
Vixen AXD

ISO3200 180s×20コマ 60分

d0251387_1813353.jpg


M76

180s×6コマ

今回一番少ないコマ数です。

GINJI300FNに対応するフラット板が無いので、ゴミペール用乳白ビニール袋で
薄明の明かりでフラット撮影しました。

バーダーのコマコレ MPCC MK3の星像はぼてっとしてあまり良くないです、おまけにスケアリングも
狂ってます。
まぁ、ε-180EDとか使っていると、この鏡筒を積極的に撮影に使用するなんて事は無いですね~
やはり、この鏡筒は大口径を生かした、惑星観望と撮影、そして、ドブ的にディープスカイ観望専用機として
使うのが良いと思いました。
[PR]
# by tenmontyu2 | 2016-08-07 18:19 | 天体写真 | Comments(0)