ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

d0251387_5283324.jpg


M35

タカハシ  ε-180ED
Vixen   SXP赤道儀
ASTRO60D ISO3200 90s×16コマ  24分 冷却温度 -9度

M35好きな散開星団の一つです。
散開星団はεのようなスパイダーの十字が入る反射系が良いですね。


d0251387_5374437.jpg


ペルセウス座の二重星団

ASTRO60D ISO3200 90s×26コマ  39分 冷却温度 -9度

d0251387_5414071.jpg


プレアデス星団

ASTRO60D ISO3200 120s×50コマ  100分 冷却温度 -9度

d0251387_544574.jpg


バラ星雲

ASTRO60D ISO3200 120s×28コマ  56分 冷却温度 -9度

d0251387_5453881.jpg


馬頭星雲

ASTRO60D ISO3200 120s×30コマ  60分 冷却温度 -9度

今回のε-180EDの撮影はステラショットを利用しましたが、なんと設定がJPEGのみのせっていになってまし
た。(汗)
従ってあまり強い画像処理が出来てません。
そもそも、ステラショットはカメラ内の設定を一切使用せずにステラショット側の設定で撮影します。
いわば、カメラの機能を全て乗っ取ってソフトがカメラを完全制御します。
その為、現在のバージョンだとカメラ内のメモリーカードに記録できずPC側にしか記録できない等の
制限があります。
ステラショットは自動導入と導入補正が秀逸なので、改善して欲しい点ですね。

今回はオートガイドはステラショットを使わず、アドバンスユニットのオートガイドを使用しました。
これは、ステラショットのオートガイド機能がイマイチ安定性と精度に問題があるのでこの辺も
改善して欲しいですね。
ちなみに、35ミリ換算400mm程度であれば、問題ないレベルですが、それ以上だと極端に歩留まり落ちます。
[PR]
by tenmontyu2 | 2016-10-21 06:11 | 天体写真 | Comments(3)
先週末、一か八かで大台ケ原に行って来ました。

って言うか、仲間内では和歌山方面とか言ってたのですが、私は神野山に行こうかと
思ってたのですが、画像処理の先生のキリさんが大台に行くという情報が、まーくんより
入って、急遽大台へ、

結局、キリさん、まーくん、くろさん、NOBさん、生駒からの方の合計5名の遠征となりました。
現地に着くと、そこは雲の中っていうか、霧のなかと言うか、何にも見えませんが
時折風が吹くと、星が見えます。♪
で、しばらくすると、霧が晴れて、そこには満天の星が見え始めました。

その状態は長続きしないですが、合計3時間近く撮影できました。

d0251387_2042912.jpg


M45

180s×12コマ ISO6400
SKY90+RD 407mmF4.5
Vixen AP+スターブックテン自動導入化
ASTRO60D 冷却温度 -7.9度

あまりにも雲通過多すぎて諦めたM45です。分子雲出したら、当然モロモロに成りました。(汗)やっぱり30枚要りますね。わかっているけど辛抱できない性分です。(汗)

d0251387_20444310.jpg


M42

3s×8 5s×8 20s×8 120s×8 ISO6400
段階露光しましたが、まだ、中心は飛んでます。(汗)
これも、枚数足りません。

d0251387_20462138.jpg


馬頭星雲

ISO6400 120s×20コマ

d0251387_2047943.jpg


バラ星雲

ISO6400 120s×16コマ
[PR]
by tenmontyu2 | 2016-10-04 20:53 | 天体写真 | Comments(0)