ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

御杖高原で久しぶりにFSQ106ED+RD0.73を使ってみました。

d0251387_16294013.jpg


北アメリカ星雲

タカハシ FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
centralDS ASTRO60D 冷却温度 -4.5度
ペンシルボーグ+QHY5LⅡ-M+ステラショット1.5

180s×20コマ ISO3200

d0251387_16332174.jpg


網状星雲

180s×20コマ ISO3200

d0251387_16341437.jpg


アンドロメダ大銀河

180s×20コマ ISO3200

d0251387_1635376.jpg


hx 二重星団

120s×20コマ ISO1600

やはり屈折は難しいですね、この鏡筒は温度変化に敏感て゜ピント位置は変わるし、星の色も
マゼンダ系やグリーン系に傾きやすいです。今回は星の色のカプリはすまない方です。(汗)
[PR]
by tenmontyu2 | 2016-08-15 16:41 | 天体写真 | Comments(2)
星空観望 観測会 に行って来ました。
神野山天文クラブ主催の恒例観望会です。

今回はGINJI300FN+Watec910HXによるリアル動画上映です。
神野山グラウンドのバックネットにスクリーンを設置して、プロジェクターでリアルタイムに星雲星団を観客に見ていただく趣向です。
今回は私は本観望会の幹事ということでしたが、結局プロジェクター上映の設置と上映にかかりきりで
幹事らしいことは一切出来ませんでしたが、リアル上映会方は、おかげさまで大盛況でした。
プロジェクターを見ながら解説してしばらく気がつかなかったですが、ふと、後を見ると観客が50名以上、、(汗)
なんとか、無事にPM10:00過ぎには無事終了しました。

上映会の後、鏡筒をFSQ106EDに切り替えて撮影と思ってましたが、湿度が高く、そのままGINJI300FNで
撮影することにしました。

d0251387_1892767.jpg


M33

フラット処理してますが、強調すると、
完全に合いません(汗) 限界までHa強調しました。

GINJI300FN+MPCC_MK3
ASTRO60D 冷却温度 -4.5度
Vixen AXD

ISO3200 240s×20コマ 80分

d0251387_18104113.jpg


網状星雲

GINJI300FN+MPCC_MK3
ASTRO60D 冷却温度 -4.5度
Vixen AXD

ISO3200 180s×20コマ 60分

観望のみのつもりで、光軸調整はアバウトでした。(汗)
星像がいびつですね。(汗)

d0251387_18114236.jpg


NGC891

GINJI300FN+MPCC_MK3
ASTRO60D 冷却温度 -4.5度
Vixen AXD

ISO3200 240s×20コマ 80分

d0251387_18122765.jpg


M27

GINJI300FN+MPCC_MK3
ASTRO60D 冷却温度 -4.5度
Vixen AXD

ISO3200 180s×20コマ 60分

d0251387_1813353.jpg


M76

180s×6コマ

今回一番少ないコマ数です。

GINJI300FNに対応するフラット板が無いので、ゴミペール用乳白ビニール袋で
薄明の明かりでフラット撮影しました。

バーダーのコマコレ MPCC MK3の星像はぼてっとしてあまり良くないです、おまけにスケアリングも
狂ってます。
まぁ、ε-180EDとか使っていると、この鏡筒を積極的に撮影に使用するなんて事は無いですね~
やはり、この鏡筒は大口径を生かした、惑星観望と撮影、そして、ドブ的にディープスカイ観望専用機として
使うのが良いと思いました。
[PR]
by tenmontyu2 | 2016-08-07 18:19 | 天体写真 | Comments(0)
ハワイ島旅行の写真の整理がまだなので
取り敢えず、先週の神野山でステラショットのテストの結果から

d0251387_2022755.jpg



M20
180s×10枚

Vixen SXP
笠井GS200RC
笠井屈性レデューサー0.8
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
CentralDS ASTRO60D
外気温 24度 冷却温度 -4.5度

ステラショットからカメラコントロールと導入補正機能使用
ガイドはアドバンスユニット使用

d0251387_2023201.jpg


M16
180s×10枚

d0251387_20235851.jpg


M17
180s×10枚

d0251387_20274790.jpg


M27
240s×10枚

d0251387_20281999.jpg


M22
180s×10枚

d0251387_20285039.jpg


M11
180s×10枚

d0251387_20292521.jpg


M71

180s×10枚

d0251387_20295336.jpg


M33

240s×3枚

d0251387_2030134.jpg


螺旋星雲

180s×10枚

薄明から快晴でしたが、M33を撮り始めて3コマ目で曇り始めて、撮影終了でした。
薄明まで約一時間というところでしたが、まずまずでした。

今回は撮影当初はステラショットのオートガイド機能を使用してましたが、長焦点ガイドには少し問題が合って、直ぐにアドバンスユニットのオートガイドに切り替えました。

ステラショットは大変良く出来たソフトですが
私的には、600mm程度までのガイド限定した方が良いという結果に達しました。
私の場合、適正鏡筒は
ε180ED、FSQ106ED、SKY90あたりで
使いたいかと思ってます。














[PR]
by tenmontyu2 | 2016-08-03 10:11 | Comments(0)