ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

すこし時間が空いてしまいましたが、大芦高原遠征での二台体制
メインのFSQ106ED+RD編です。

実は私のFSQ106EDですが、単体では問題でないのですが、純正RDを併用すると
何故か左側に強くパープルフリンジが出る傾向にあります。
今、RDをタカハシに送って調べてもらっているところです。
今回の画像もSI7で少し画像処理して軽減してますが、それでも解ると思います。

d0251387_5382459.jpg


h-x

FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
AVunit+WATEC910HX
ASTRO-60D CENTRALDS
HEUIB-2
ISO3200 180S×12コマ 36分

SI7+Nx2で画像処理

d0251387_5435885.jpg


M31

FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
AVunit+WATEC910HX
ASTRO-60D CENTRALDS
HEUIB-2
ISO3200 180S×32コマ 96分 1時間36分

SI7+Nx2で画像処理

SI7で弱めのパーフルフリンジを補正しましたが、それでも画面左側にパープルフリンジが集中しています。

d0251387_5475416.jpg


M35

FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
AVunit+WATEC910HX
ASTRO-60D CENTRALDS
HEUIB-2
ISO3200 120S×6コマ 12分

SI7+Nx2で画像処理

トリミング+フリンジ補正+トリミング
フリンジの補正はやりすぎるとカラーバランスが崩れてしまいます。(汗)

d0251387_550482.jpg


M37

FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
AVunit+WATEC910HX
ASTRO-60D CENTRALDS
HEUIB-2
ISO3200 120S×6コマ 12分

SI7+Nx2で画像処理
トリミングあり

d0251387_5531691.jpg


M42

FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
AVunit+WATEC910HX
ASTRO-60D CENTRALDS
HEUIB-2
ISO3200 180S×30コマ 90分 1時間30分

SI7+Nx2で画像処理

d0251387_5551162.jpg


M45

FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
AVunit+WATEC910HX
ASTRO-60D CENTRALDS
HEUIB-2
ISO3200 180S×20コマ 60分

SI7+Nx2で画像処理

d0251387_5564141.jpg


馬頭星雲

FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
AVunit+WATEC910HX
ASTRO-60D CENTRALDS
HEUIB-2
ISO3200 180S×15コマ 45分

SI7+Nx2で画像処理

d0251387_662853.jpg


バラ星雲

FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
AVunit+WATEC910HX
ASTRO-60D CENTRALDS
HEUIB-2
ISO3200 180S×3コマ 9分

SI7+Nx2で画像処理

バラ撮影中に曇り始めて、撮影は中断となりました。

とりあえず、FSQ106EDはタカハシの検証終わるまで、休止ですね。
しばらくは長焦点やSKY90で撮影することになりそうです。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-10-26 06:00 | 天体写真 | Comments(8)
中古の超美品、鏡筒キズ無し レンズ綺麗
殆ど使ってないような感じのもので、定価の半値くらいで買えました。

ということで、神野山にテスト撮影しました。

機材共通
Vixen ED81sⅡ
笠井0.8レデューサー
centralDS 60D-FM
Vixen GPD2+MTS-3S
ガイド鏡ペンシルボーグ+QHY5L-2M PHDガイディング

三脚は最近GPD2用にAPP-TL130三脚を購入これでGPD2を組むと
まるきりポータブル赤道儀の雰囲気になります。

d0251387_21232239.jpg


写真は自宅マンションにて

d0251387_21243039.jpg


さて、本題のファーストライトです。

h-x ペルセウス座の二重星団

ISO3200 180s×11コマ 33分

笠井の0.8レデューサーとED81sⅡの相性は抜群です。
周辺まで崩れることなく星が綺麗な丸のままです。
純正のレデューサーと大違いです。こちらの方が安いですし。(笑)

d0251387_21282985.jpg


M31 アンドロメダ大星雲

ISO3200 240s×16コマ 64分

流石に0.8レデューサーではF6.16 最近の光学系としては少し暗いですね。
アンドロメダも手持ちのタカハシのSKY90の方がはるかに淡い部分が出やすいです。
まあ、この撮影が神野山ですから、大台で撮ったらもっと写るかもです。

ただ、SKY90とED81sⅡ眼視で比べると、圧倒的にED81sⅡの方が星像は美しいです。
GPD2に載せて、遠征での使用はSKY90になりそうです。
ED81sⅡはやはり自宅観望メインですね。もちろん、そのつもりで購入してますが。(笑)

d0251387_2136526.jpg


M42 オリオンの大星雲

ISO3200 180s×30コマ 90分
         30s×1コマ

ナンチャッテ段階露光です。(爆)

この鏡筒ならとても軽いので、ビクセンのAP赤道儀にも楽勝でガイドできそうですね。
勿論オートガイドは必要ですが。
微妙な天気の時はこの鏡筒もありかも知れません。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-10-21 21:42 | 天体写真 | Comments(8)
10月の三連休の中日は天気予報とにらめっこしつつ、西方面が吉ということで
初めての撮影地、岡山県の大芦高原へ遠征しました。
神野山メンバーはたらちゃん、くろさん、マー君のと私の4名です。

この日の遠征地は地元の天文ファンは誰も来られず、広い駐車場を4名で独占でした。
後からブログ等を見ると、近くの八塔寺の方は沢山の方々が行ったみたいです。

今回は2台体制FSQ106ED+RD+SXPとGINJI150FN+MPCC-MK2+GPD2+MTS3s
です。
今回はとりあえず、GINJI150FN編ということで。

d0251387_1948915.jpg


網状星雲

笠井GINJI150FN+MPCC-MK2
Vixen GPD2+MTS3s
ペンシルボーグ+QHY5L2によるPHDガイディング
centralDS 60D-FM+HEUBI-2
ISO3200 300s×20コマ 計1時間40分

d0251387_1951559.jpg


M31

ISO3200 300s×12コマ 計1時間

d0251387_19542098.jpg


M45

ISO3200 300s×16コマ 計1時間20分

d0251387_2011975.jpg


M42

ISO3200

3s×2コマ
6s×2コマ
10s×2コマ
240s×10コマ 約40分

今回のM42は段階露光してみました。
まだ、思ったようにはなりませんが、まあそれなりの画像になりましたが
まだまだ、色々と試行錯誤必要です。

d0251387_20171235.jpg


GINJI150FNの最後は馬頭星雲

300s×6コマ 計30分
予定ではあと1時間撮影の予定でしたが3時半過ぎに曇りだしたので
途中でストップとなりました。

今回の大芦高原ではPM2.5の影響かいまひとつ透明度は良くなかったです
天頂付近は夜半前からそこそこバックグラウンドも暗くなって来ましたが
高度が低い場所はそれなりでした、恐らく天頂付近も本来なら更に暗い場所なのだと
思います。
西方面遠征地の候補のひとつになる撮影地なりそうです。
周りに街灯も無く、星野撮影にも向いている場所ではないかと思っています。

次は、FSQ106ED編です。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-10-15 20:28 | 天体写真 | Comments(2)
三連休の初日というかその前日の夜はGPVの予報も微妙でしたが
とりあえず何とか晴れそうなので、10月の坊主回避の為に神野山に遠征しました。
とりあえず、薄モヤの多い日で、まじめに撮影したのは、私だけかも知れませんでした。
神野山星見隊のメンバーは私とくろさんとマー君の三人。

今回、私のEdgeHD800は特別バージョンです。
シュミカセですが、スパイダーのきらりん十字が入ります。(笑)
どんな物かはその内記事にします。まだ、ベーターバージョンですから。(汗)

d0251387_19175020.jpg


M57 リング状星雲

セレストロン Edge HD800直焦点 2000mmF10
Vixen SXP AVUnit+Watec910HX オートガイド
centralDS ASTRO60D 外気温 15度 冷却温度-11度
HEUBI-2フィルタ- セレストロンオフアキシスガイダー
ISO2500 120s×9コマ 18分

2000mm キャノンAPS-Cなので3200mm相当ですが、それでもM57は小さいので
ピクセル等倍トリミングです。

d0251387_1924346.jpg


M27 亜鈴状星雲

セレストロン Edge HD800直焦点 2000mmF10
Vixen SXP AVUnit+Watec910HX オートガイド
centralDS ASTRO60D 外気温 15度 冷却温度-11度
HEUBI-2フィルタ- セレストロンオフアキシスガイダー
ISO2500 240s×16コマ 1時間4分

F10ですから1コマ8分程度はかけたかったですが、それが許さない透明度の悪さです。

d0251387_19271785.jpg


NGC891

セレストロン Edge HD800直焦点 2000mmF10
Vixen SXP AVUnit+Watec910HX オートガイド
centralDS ASTRO60D 外気温 15度 冷却温度-11度
HEUBI-2フィルタ- セレストロンオフアキシスガイダー
ISO6400 480s×5コマ 40分

暗い対象なので、露出オーバー覚悟で1コマ8分露出
真っ白です。(汗)
無理やり処理して、雰囲気だけの写真です。

d0251387_19302581.jpg


M1 かに星雲

セレストロン Edge HD800直焦点 2000mmF10
Vixen SXP AVUnit+Watec910HX オートガイド
centralDS ASTRO60D 外気温 15度 冷却温度-11度
HEUBI-2フィルタ- セレストロンオフアキシスガイダー
ISO6400 300s×20コマ 1時間40分

今回のメイン対象です。
流石に2000mmですね、空がよければもっとコントラストの良い写真になったはずですが
それでも、星雲の微細構造が良くわかります。

神野山は長焦点なら十分撮れますね。
まあ、今回の空の状態はかなり悪かったので、好条件の時に撮りたいですね。
っていうか、好条件の時は何処か遠くに遠征してますが。(爆)
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-10-13 19:39 | Comments(4)