ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

9月20は、第15回星を求めてに行って来ました。

d0251387_17443665.jpg


K-astecの川野さんが今回飛び入りで、協栄産業さんのブース応援に来られました。
とりあえず、ツーショットで記念撮影しました。

http://www.kyoei-osaka.jp/SHOP/celestron-skymaster15x70.html

協栄さんのブースで半額以下の8800円でケットしました。

d0251387_1759534.jpg


笠井GINJI150FN+MPCC-MK3
Vixen SXP+AVunit+Watec910HX
centralDS ASTRO60D

外気温 17度 冷却温度 -8.8度

ISO3200 120s×17コマ 34分

d0251387_14521318.jpg



笠井GINJI150FN+MPCC-MK3
Vixen SXP+AVunit+Watec910HX
centralDS ASTRO60D

外気温 17度 冷却温度 -8.8度

ISO3200 120s×20コマ 40分

とりあえず、この2対象で曇ってしまいました。
結局月明かりの中だけの撮影と成ってしまいましたが、沢山のお久しぶりの方々に
お会いできてとても楽しかったです。

来年も是非参加したいイベントですね。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-09-21 18:12 | 天体写真 | Comments(2)
しらびそ高原遠征の再処理です。

d0251387_1933699.jpg


北ペリのバックグラウンドがGよりだったので、処理しなおしました。

FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
AVunit+WATEC910HX
ASTRO-60D CENTRALDS
HEUIB-2
ISO3200 240S×19コマ 76分(1時間16分)

SI7+Nx2+フラットエイドで画像処理

外気温13度 冷却温度-10.1度

別途ベイヤー現像して、カラー合成しました。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-09-14 19:36 | 天体写真 | Comments(4)
久々のFSQ106EDの登場です。
私のブログの読者の方はそんな鏡筒持ってたのってな感じの久々です。
昨年の11月からほぼ10ヶ月ぶり。(笑)

d0251387_11361934.jpg


M8-20付近

FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
AVunit+WATEC910HX
ASTRO-60D CENTRALDS
HEUIB-2
ISO2500 180S×3コマ 9分

SI7+Nx2画像処理

M20とM8の西側の散光星雲とセットで

d0251387_11394670.jpg


M31

FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
AVunit+WATEC910HX
ASTRO-60D CENTRALDS
HEUIB-2
ISO3200 240S×19コマ 76分(1時間16分)

SI7+Nx2+フラットエイドで画像処理

d0251387_11425093.jpg


北アメリカとペリカン

FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
AVunit+WATEC910HX
ASTRO-60D CENTRALDS
HEUIB-2
ISO3200 240S×19コマ 76分(1時間16分)

SI7+Nx2+フラットエイドで画像処理

h-x ペルセウス二重星団

d0251387_11465610.jpg


FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
AVunit+WATEC910HX
ASTRO-60D CENTRALDS
HEUIB-2
ISO2000 120S×10コマ 20分

SI7+Nx2画像処理


d0251387_11441282.jpg


プレアデス星団

FSQ106ED+RD0.73
Vixen SXP
AVunit+WATEC910HX
ASTRO-60D CENTRALDS
HEUIB-2
ISO3200 320S×8コマ 40分

SI7+Nx2+フラットエイドで画像処理

24コマ撮影しましたが、途中でレンズが結露して、ボツになりました。(汗)

次週は星もとですね。
現地でお会いできるのを楽しみにしております。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-09-13 11:49 | 天体写真 | Comments(0)
私は今回で、二度目の参加ですが、年に一度の東西合同しらびそ高原星見&星撮り会
に行って来ました。

初日はこちらからは、たらちゃん、グッチさん、くろさん、ノブさん、シャーマンさん
でした。

今回は、久々、ほぼ10ヶ月ぶりのFSQ106EDとGINJI150FNとSXP GPD2の2台体制
で望みました。

まずはGINJI150FNから

d0251387_10155693.jpg


網状星雲

GINJI150FN+MPCC-MK3
Vixen GPD2+MTS-3S
BORG50+QHY5L-2M+PHDガイディング
60D-FM CENTRALDS
HEUIB-2
ISO2500 240S×13コマ 52分

SI7+Nx2で画像処理

d0251387_10211071.jpg


M31 アンドロメダ大星雲

GINJI150FN+MPCC-MK3
Vixen GPD2+MTS-3S
BORG50+QHY5L-2M+PHDガイディング
60D-FM CENTRALDS
HEUIB-2
ISO3200 300S×13コマ 65分

SI7+Nx2+フラットエイドで画像処理

d0251387_10233395.jpg


M33

GINJI150FN+MPCC-MK3
Vixen GPD2+MTS-3S
BORG50+QHY5L-2M+PHDガイディング
60D-FM CENTRALDS
HEUIB-2
ISO3200 300S×13コマ 65分

SI7+Nx2+フラットエイドで画像処理


AM2:15分頃に風が吹き始めて、低所の雲が風にあおられ吹き上がって、一面雲の中に成ってしまいました。
そのときには回りは霧の中(汗)
GINJI150FNもFSQ106EDも両方レンズ&ミラーが結露してしまいました。
その後は、晴れたり曇ったりでしたが、概ね4時間半程度は撮影できました。
本当はオリオン座まで撮りたかったのですが、結局無理でした。
ご一緒された皆様お疲れさまでした。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-09-13 11:30 | 天体写真 | Comments(2)
現在のメインパソコンは3年前の夏に組み立てで

基本構成はCPUがi7-3770Kに16GBメモリーと起動ドライブがSSDの構成で
現在でも画像処理パソコンとしては十分通用する力量です。
ただ、ノーマルCPUファンが非力で、夏には温度上がり気味でした。
ケース内部の清掃を兼ねて、CPUファンを水冷化ししました。

d0251387_20201377.jpg


選んだ水冷ファンはこれです。
電源とかケース作っているメーカーですね。

d0251387_20214182.jpg


before
インテルの空冷ファンです

d0251387_2023581.jpg


after
水冷化完了です。

ケースはCoolerMasterのケースで、ミドルタワーですが寸法に余裕があり、
冷却化も問題なかったです。
元々このケースは天板、バック、フロントに各1個の12センチファンが付いていて
天板はもうひとつ付けるスペースが在りました。
バックのファンを天板に移動して、水冷のラジエーターファンをバックに付けました。
これで無駄無しです。
この水冷システムはラジエーターのファンがダブルに成っていて、冷却効果高そうです。
ファンも改装前より増えたので、マザーボード周辺の温度低下にも貢献しそうです。

ASUSのファンチューニングソフトで最適化して完了です。

d0251387_20304681.jpg


無負荷時
改装前は39度前後でしたから、少し下がっています。

d0251387_20321126.jpg


高負荷時
画期的に低いです。この状態だと改装前は20秒程度で70度に達しますが
最大でも43度程度で40度くらいを前後します。

水冷効果これほどとは、、、
面倒くさくて、中々出来ませんでしたが、もっと早くやればよかったと後悔。
デスクトップの水冷化、高性能CPUには必須かもですね。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-09-06 20:36 | 天体写真 | Comments(0)
Watec 910HX を使い出して半年くらいで、ホットピクセルが目立ち始めました。
普通デジタルカメラの場合はメーカーによってはピクセルマッピングという、ホットピクセルを
補間する機能がありますが、Watec 910HX はあるのでしょうか。
ユーザーマニュアルを調べるとありました。
ただし名前は、白点補正(笑)
まあ、こちらの名称の方が解りやすいですが。

d0251387_19472848.jpg


で、マニュアルどおりに操作します。

d0251387_19483128.jpg


中央より左側に2個明るいホットピクセルが在ります。
これが、星と間違いやすいです。
まあ、アドバンスユニットでオートガイド時にキャブレーションの星に選んでも、全く動かないので
直ぐにエラーが出て、星ではないことに気づきますが、って言うか、だいぶ慣れたので
殆どホットピクセルの場所を覚えているので、今はもう間違えることは無いですが
チョット鬱陶しいです。

d0251387_19533630.jpg


明るいホットピクセルが消えてすっきりしました。
ちなみに、補正できる最大数は64個ということですが、この状態がどれだけ続くかによりますね。
910HXお持ちで、ホットピクセルが出た方はお試しくださいすっきりします。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-09-05 19:55 | 天体写真 | Comments(2)