ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今朝は、うす曇で昆虫撮影には丁度よい感じだったので
久々に、家の近所の星の池公園に行きました。

d0251387_1717252.jpg


ベニシジミ

本日の撮影機材は小型軽量のオリンパスOM-D EM-5に
M.ZUIKO60mmF2.8MACRO

の組み合わせ、ちょい撮りならフラッグシップのEM-1より小さくて好きです。

d0251387_17203072.jpg


キリギリスの2齢幼虫くらいでしょうか、体長10mm程度

d0251387_17222935.jpg


クマバチ ♂

何で、♂って言えるかっていいますと、縄張り飛翔してますから、間違いなく雄です。
ちなみに、雄は針持ってないですから、刺されることありません。
でも、だからといって手で握る勇気ないですが。(笑)
でも、保障します、絶対にさされません。(爆)

クマバチの縄張り飛翔見ると、もう初夏だなぁと季節を感じます。
とりあえず、飛翔写真でも撮りました。
まあ、クマバチの飛翔写真は昆虫飛翔撮影入門編で゛すから、腕のなまった私でも
流石に楽勝。

羽をぶらして躍動感付ける為に、1/500sのシャッターで撮影です。

d0251387_17283762.jpg


ヒメウラナミジャノメ

羽の裏側は波うったような模様があります。
まあ、撮ってませんが、って言うか撮ろうと思ったら逃げられました。(笑)

d0251387_1734238.jpg


ホソミオツネントンボ♂

今年初見のトンボです。
まあ、成虫越冬ですから、去年の秋のトンボですが。(汗)
春先一番に見れるトンボです。
個人的にはこのブルーな模様が鮮やかで好きです。

d0251387_17363944.jpg


ハラビロトンボ♂ 未成熟

やっと合えました、今年のトンボ。
まだ、羽化してそう日にちが経ってないようですね。
腹の形から判断して恐らく雄です。
成熟すると、雄雌の見分けは色が違うのでやさしいです。

d0251387_17392212.jpg


コアオハナムグリ

久しぶりに昆虫撮影すると、やはり楽しいですね。
連休中にまた、昆虫撮影しようと思います。
でも、久しぶりなのでちょっと、思う様に撮れない部分もあったりで、リハビリ要ですね。(笑)
っていうか、虫への近づき方ちょっと雑だったと反省です。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-04-29 17:43 | 昆虫写真 | Comments(0)
今回の大台ケ原遠征は、月没ご薄明までおよそ3時間しかなかったので
久々に2台体制で臨みました。

サブ赤道儀のGPD2+MTS-3s+SKY90+RDです。

d0251387_20345256.jpg


ペリカン星雲

タカハシ SKY90+フラットナーレデューサー
407mmF4.5
Vixen GPD2+MTS-3s
コーワ LM100JC+QHY5L2(カラー)+PHDガイディング
central DS 60D-FM (EOS60D IR改造機)
LPR-N(サイトロン FFフィルター)
ISO3200 300s×11コマ 総露出時間 55分


モノクロ版のQHY5L2を持っていくのを忘れてしまって
惑星用のカラー版を使いました。(笑)
カラーは感度が低いですが、それでも十分にガイド星は選べれる程度に
写るので、特に困りませんでした。
もう、夏の空がそろそろ取れる時期になりましたね。一年経つのは早いですね。

d0251387_20371766.jpg


M8-M20

タカハシ SKY90+フラットナーレデューサー
407mmF4.5
Vixen GPD2+MTS-3s
コーワ LM100JC+QHY5L2(カラー)+PHDガイディング
central DS 60D-FM (EOS60D IR改造機)
LPR-N(サイトロン FFフィルター)
ISO3200 240s×10コマ 総露出時間 40分

d0251387_203966.jpg


M16-17

SKY90+フラットナーレデューサー
407mmF4.5
Vixen GPD2+MTS-3s
コーワ LM100JC+QHY5L2(カラー)+PHDガイディング
central DS 60D-FM (EOS60D IR改造機)
LPR-N(サイトロン FFフィルター)
ISO3200 180s×13コマ 総露出時間 39分

d0251387_2042538.jpg


M5
SKY90+フラットナーレデューサー
407mmF4.5
Vixen GPD2+MTS-3s
コーワ LM100JC+QHY5L2(カラー)+PHDガイディング
central DS 60D-FM (EOS60D IR改造機)
LPR-N(サイトロン FFフィルター)
ISO3200 180s×6コマ 総露出時間 18分

d0251387_2043225.jpg


電波銀河

SKY90+フラットナーレデューサー
407mmF4.5
Vixen GPD2+MTS-3s
コーワ LM100JC+QHY5L2(カラー)+PHDガイディング
central DS 60D-FM (EOS60D IR改造機)
LPR-N(サイトロン FFフィルター)
ISO3200 180s×14コマ 総露出時間 42分

球状星団や電波銀河は、月が西に在る内からの撮影でしたが、そこは、大台です。
神野山の新月よりも暗いです。(笑)

今回の遠征では神野山常連の総出演みたいになりました。

たらちゃん、くろさん、グッチさん、しゃあまんさん、かなたさん、シバさん、ベアさん、大和さん
遠征お疲れさまでした。

今度は新月期の大台行きたいです。
入梅前の新月期晴れてくれたら良いですね。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-04-28 20:48 | 天体写真 | Comments(0)
今期最初の大台ケ原へ行って来ました。

上弦の月があって、月が沈んでから薄明まで、三時間ですが2台体制で
望みました。
GS200RCは前回のスケアリング不良を調整してのファーストライトとなります。

d0251387_21502940.jpg


M13

笠井 GS200RC
笠井 RCレデューサーフラットナー 0.75
1200mm F6
HEUBI2フィルター使用
central DS ASTRO 60D (canon 60D冷却改造機)
セレストロン オフアキシスガイダー
Vixen SXP +アドバンスユニット+Watec 910HX
による オートガイド

ISO3200 240s×8コマ 総露出時間 32分
気温3度 冷却温度 -20度

d0251387_2152320.jpg


M5

ISO3200 240s×6コマ 総露出時間 24分
気温4度 冷却温度 -19度

d0251387_21531658.jpg


M3

ISO2500 300s×7コマ 総露出時間 35分
気温4度 冷却温度 -19度

d0251387_21552959.jpg


M16

ISO3200 300s×9コマ 総露出時間 45分
気温2度 冷却温度 -21度

d0251387_21564541.jpg


M27

ISO3200 240s×13コマ 総露出時間 52分
気温2度 冷却温度 -21度

d0251387_2211710.jpg


同画像のトリミング

d0251387_2224345.jpg


M51

ISO3200 360s×11コマ 総露出時間 66分
気温4度 冷却温度 -19度

月光下の撮影ですが、そこそこ写ってます。

d0251387_2251053.jpg


同トリミング

d0251387_2254685.jpg


ISO3200 240s×9コマ 総露出時間 36分
気温4度 冷却温度 -19度

夜半までは月の明かりありましたが、南東はとても暗かったです。
勿論、月が沈むと、夏の銀河か゜良く見えました。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-04-27 22:09 | 天体写真 | Comments(0)
神野山遠征 春編 後編です。

d0251387_8192626.jpg


撮影風景
RICHO GXR S10ユニット 24mm相当 F2.5
60s ISO200 AUTO WB

薄明始まったくらいに慌てて撮影風景撮りました。(汗)

d0251387_747261.jpg


M16 散光星雲 イーグル星雲

冷却入れ忘れに気づいて、いれました。(汗)
スケアリングは狂ってます。(大汗)

笠井 GS200RC
笠井 RCレデューサーフラットナー 0.75
1200mm F6
central DS ASTRO 60D (canon 60D冷却改造機)
セレストロン オフアキシスガイダー
Vixen SXP +アドバンスユニット+Watec 910HX
による オートガイド

ISO3200 180s×8コマ 総露出時間 24分
気温6度 冷却温度 -17度

d0251387_7513117.jpg


笠井 GS200RC
笠井 RCレデューサーフラットナー 0.75
1200mm F6
central DS ASTRO 60D (canon 60D冷却改造機)
セレストロン オフアキシスガイダー
Vixen SXP +アドバンスユニット+Watec 910HX
による オートガイド

ISO3200 180s×8コマ 総露出時間 24分
気温5.5度 冷却温度 -17.3度

d0251387_7525588.jpg


M8 散光星雲 干潟星雲

笠井 GS200RC
笠井 RCレデューサーフラットナー 0.75
1200mm F6
central DS ASTRO 60D (canon 60D冷却改造機)
セレストロン オフアキシスガイダー
Vixen SXP +アドバンスユニット+Watec 910HX
による オートガイド

ISO3200 180s×8コマ 総露出時間 24分
気温5.5度 冷却温度 -17.3度

d0251387_755460.jpg


M27 惑星状星雲 亜鈴状星雲

笠井 GS200RC
笠井 RCレデューサーフラットナー 0.75
1200mm F6
central DS ASTRO 60D (canon 60D冷却改造機)
セレストロン オフアキシスガイダー
Vixen SXP +アドバンスユニット+Watec 910HX
による オートガイド

ISO3200 240s×5コマ 総露出時間 20分
気温5.5度 冷却温度 -17.3度

最後の2コマは薄明始まっていました。(汗)
でも、そこは神野山ですから、あんまり変わらない空で、ヒストの変化も殆どなしです。(笑)

撮影組のシゲポンさん、くろさんお疲れさまでした。
眼視組のマサさんとそのお友達、観望させていただいてありがとうございました。
高野辻ヘリポート組みのたらちゃん、ベアさん、グッチさん、今度は高野辻行きたいです、
また、現地レポートお願いいたします。
御杖組のマークンさん、お疲れさまでした。
この日は、どこへ行っても、黄砂の影響と夜半過ぎの雲通過はあったようですね。
まあ、神野山は天頂は5等超見えて、冠座の7個の星全て見えてました。
2時過ぎからは天の川も神野山としては最上級の見え方でしたので
まずまず、満足できました。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-04-19 08:22 | 天体写真 | Comments(2)
新月期には高野辻ヘリポートの遠征を計画していましたが、天候の都合で神野山に行きました。

d0251387_6592721.jpg


M3 球状星団

笠井 GS200RC
1600mmF8
central DS ASTRO 60D (canon 60D冷却改造機)
セレストロン オフアキシスガイダー
Vixen SXP +アドバンスユニット+Watec 910HX
による オートガイド

ISO1600 240s×10コマ 総露出時間 40分
気温9度 冷却温度-16度

ステライメージ7+Nikon キャプチャーNX2による画像処理
フラットエイドによるフラット処理

フラットナーレデューサー無しだと、周辺部星像肥大しますね。
まあ、純RCはこんなものかも。(汗)

d0251387_734478.jpg


M82 不規則銀河

笠井 GS200RC
1600mmF8
central DS ASTRO 60D (canon 60D冷却改造機)
セレストロン オフアキシスガイダー
Vixen SXP +アドバンスユニット+Watec 910HX
による オートガイド

ISO3200 240s×10コマ 総露出時間 40分
気温8度 冷却温度-16.5度

ステライメージ7+Nikon キャプチャーNX2による画像処理
フラットエイドによるフラット処理

d0251387_761271.jpg


中央をトリミングしましたが、解像感微妙です、シーイング良く無かったです。

d0251387_773767.jpg


M64 黒目銀河

笠井 GS200RC
笠井 RCレデューサーフラットナー 0.75
1200mm F6
central DS ASTRO 60D (canon 60D冷却改造機)
セレストロン オフアキシスガイダー
Vixen SXP +アドバンスユニット+Watec 910HX
による オートガイド

ISO3200 240s×10コマ 総露出時間 40分
気温8度 冷却温度 不明

ステライメージ7+Nikon キャプチャーNX2による画像処理
フラットエイドによるフラット処理

RD付けた時に、冷却入れるの忘れてしまいました。orz

d0251387_712362.jpg


M51 子持ち銀河

笠井 GS200RC
笠井 RCレデューサーフラットナー 0.75
1200mm F6
central DS ASTRO 60D (canon 60D冷却改造機)
セレストロン オフアキシスガイダー
Vixen SXP +アドバンスユニット+Watec 910HX
による オートガイド

ISO3200 300s×10コマ 総露出時間 50分
気温7度 冷却温度 不明

途中雲通過で、この対象を撮影中がもっとも透明度悪かったです。


後半に続きます。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-04-19 07:17 | 天体写真 | Comments(0)
曽爾高原遠征の撮影分の一部を画像再処理してみました。

d0251387_21391765.jpg


M51 子持ち銀河(系外銀河)

d0251387_21411418.jpg


M27 亜鈴状星雲(惑星状星雲)

d0251387_1429338.jpg


M20 三裂星雲 (散光星雲)

d0251387_14423962.jpg


M13 球状星団

M13のみワイド2000ピクセルで掲載しました。
低い位置でのM13でしたので、これからのシーズンですから、どれくらいシャープに
撮影できるか楽しみです。

撮影スペックは割愛します。(前回記載あり)

今日は皆既月食でしたが生憎の天気で、一切月が見えませんでした orz。
ちまちまと前回の撮影分の画像処理、主に色を派手目にしました。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-04-04 21:46 | 天体写真 | Comments(2)
GS200RCに使った光軸修正治具類

d0251387_19483328.jpg


左上から
Howie Glatter レーザーコリメータ本体
Howie Glatter レーザーコリメータ用Holographic Attachment
国際光器 ポケット人工星ジェネレーター

二列目
レーザーコリメーター(アマゾンの安物)
タカハシ センタリングスコープ
国際光器オリジナル 31.7mmサイズコリメーションアイピース

です。

厳密に言うと、本当は、タカハシのセンタリングスコープだけあれば、RCの光軸は合わせられますが。
Howie Glatter レーザーコリメータとHolographic Attachment
はおおよその主鏡の傾きを見るのにあると早く作業できます。
レーザーコリメーター(アマゾンの安物)も副鏡のセンタリングの確認にあれば便利。
ただし、アマゾンの安物は、レーサーの芯が振れてますので、基本はまわしてレーサー光が
スケールの同心円上を動く位置でないと駄目です。
下手に真ん中だと、回すとずれていきます。(笑)
国際光器 ポケット人工星ジェネレーターは天候に関係せずに星像で最終の調整が出来ますし、
近距離(20m程度)の距離なのでシンチレーション殆ど無いので、エアリーディスクやジフラクタルリングの
確認が容易です。

とりあえず、この一通りがあれば、屈折、ニュートン、カセ系の全ての光軸調整が可能です。

まあ、分離型4枚玉アポ屈折(FSQ106ED)なんて、怖くて触れませんが。(笑)
こうなると、安い15センチ位のニュートンも一本欲しいところですが、もう、大きなサイズのものは
置く場所内ですし(汗)

d0251387_2052722.jpg


GS200RCで撮影した木星です。
GS200RC+Vixen GPD2+MTS-3S
QHY5L2-color+VIxen 2倍バロー
8048フレーム中3621フレームをレジスタックス6.1にて
スタッキング後ウェーブレット処理

シーイングは普通くらいでした。
中央遮蔽の大きなRCの割りにはそれなりに写ってますが、好シーイングならもっと
写るような感じです。
これから土星の観測シーズンが近くなったら、土星も撮ってみたいです。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-04-01 20:12 | 天体写真 | Comments(0)