ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

念願のFSQ106EDを購入しました。

d0251387_21331397.jpg


タカハシ FSQ-106ED鏡筒
タカハシ レデューサーQE0.73×
タカハシ CA-35 (50.8)
タカハシ ファインダー脚 FQR-1W
K-ASTEC 125mm用鏡筒バンド(TB-125)
K-ASTEC 80mm幅大型アリガタ・230mm(DP80-230L)

今回購入品は上記です。

元々の手持ちにSKY90用のパーツ

タカハシ CA35(SKY-90)
タカハシ カメラマウントDX-WR(ワイドマウントEOS用とニコン用の2種)
K-ASTEC DS80L
タカハシ エクステンダー Q1.6X

を持っていましたので、これで主焦点撮影、レデューサー撮影
リッチフィールド眼視、高倍率惑星眼視
の全てを網羅できているはずです。

ファーストライトはまだですが、土星を見たのですが、手持ちのビクセンED103sと比較して
一枚も二枚も上のハイコントラストに感じました。
土星のカッシーニや本体の縞模様のコントラストと切れが良い様に思います。
流石、タカハシです。

d0251387_21451969.jpg


SXPにマルチプレートを載せ並列式で撮影予定です。
ガイド鏡はボーグ60EDをフリップミラー化して、ヘリコイド接眼部とM52ヘリコイドの組み合わせで
ガイド鏡のアイピースとワテックのビデオカメラとの同焦点化を実現してます。

d0251387_21502095.jpg


ファインダーは鏡筒本体に取り付けると、カメラ回転装置を回すと干渉するので
ファインダー脚 FQR-1Wで、鏡筒バンドTB-125に取り外し可状態にしています。

トッププレートにビクセンアリ型を取り付けていますので、ひっくり返して、GPD2に
そのまま載ります。
ただし、GPD2での使用は、惑星観望、撮影程度に限定です。

d0251387_21532690.jpg


最後はレンズ部です。
この鏡筒を使って、早く天体写真を撮りたいです。
望遠鏡の性能に恥ない作品を撮っていきたいと思っています。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-07-29 21:57 | 天体写真 | Comments(2)
先週は、GPD2+MTS-3のテスト撮影に神野山へ行ってきました。

自動導入は上手くいきましたが、PHDガイディングが上手くいかず
今回のテストは駄目でしたが、後日自宅で上手く動くようになりました。
やはり、ぶっつけ本番はろくなことが無いですね。

メインのSXPも今回は手間をかけられずに、2対象のみ
ロスマンディ規格の幅広アリ型にDS-80の組み合わせで
望みましたが、やはりC8はミラーシフトの影響がガイドに
悪さをしました。
現在、富田式ミラーロックを検討中です。

d0251387_2055590.jpg


M27 亜鈴状星雲
C8 2032mmF10 ISO2000 360s ×2枚

d0251387_2058969.jpg


M20
C8 2032mmF10 ISO2000 360s ×4枚

両方とも、大半のコマにガイドエラーが発生して使えるコマが
少なく、ショボイ画像となってしまいした。

次回からは、長焦点はしばらくお休みして、FSQ106EDのファーストライトを
楽しみにしています。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-07-29 21:01 | 天体写真 | Comments(2)
ようやく、サブ赤道儀のVixen GPD2赤動儀にケーアステックのMTS-3SDI+
自動導入キットが入荷して、やっと本来の使い方が出来るようになりました。

d0251387_19121448.jpg


昨日はテストを兼ねて、オートガイドの性能テストをしました。

撮影望遠鏡はスカイウッチャー製12.7センチマクストフカセグレン
1500mmF12にQHY5Cカラーを取り付け
ガイド鏡は

d0251387_19192830.jpg


コーワのLM100JC
焦点距離100mmF2.8
にQHY5Cモノクロを取り付けて撮影テスト

1500mmをたった100mmでガイドなんか出来るものかと思いつつ
PHDガイディングのグラフのチェックがメインなのでとりあえず試してみました。

d0251387_19235564.jpg


露出時間は120秒

ダーク処理もしていないので、ノイズだらけですが
そこそこ星が止まってます。

これだと、QHY5Cのような撮像素子の小さいカメラは別として
APS-Cくらいの撮像素子だと1500ミリくらいはガイドできるのではと思うくらいの
結果となりました。
サブ赤道儀のガイド鏡はLM100JC+QHY5Cで決定って感じです。

メインのSXPには最近購入したFSQ106EDとVC200Lの二本立て
サブのGPD2はFS-60CB+RDとSKY90+RDとED103s+RDの三本立て
と成りそうです。
まあ、FSQ106EDを購入したので、ビクセンのED103s+RDは登場させる
機会があまり無いかもですが。(汗笑)
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-07-29 19:31 | 天体写真 | Comments(0)
FS-60Qは元々、ガイド鏡用途で使っていたのですが
北アメリカや網状星雲など大きく広がった星雲撮影用の鏡筒の手持ちが
無いので、FS60QのエクステンダーをはずしてFS60CBとして撮影鏡筒
に昇格させることにしました。(笑)

d0251387_19215891.jpg


北アメリカとペリカン星雲
FS-60CB+タカハシ レデューサー C0.72X
Nikon D3200新改造
LPS-D1光害カットフィルター
F4.2 ISO1600 240s
ステライメージ7で4枚コンポジット合成

タカハシの最下級モデルですが、流石タカハシ、周辺までシャープでゆがみの
無い星像に満足、今回は時間が無くてコンポジット枚数が少ないですが
リベンジしてちゃんとした北ペリを撮りたいです。

d0251387_193054.jpg


網状星雲
FS-60CB+タカハシ レデューサー C0.72X
Nikon D3200新改造
LPS-D1光害カットフィルター
F4.2 ISO1600 240s
ステライメージ7で4枚コンポジット合成

網状も西に傾いてからの撮影でした。
これもリベンジしたいですが、撮れるとしてもあとワンチャンスでしょうか。

おまけはアンドロメダ大星雲です。

d0251387_1946195.jpg


FS-60CB+タカハシ レデューサー C0.72X
Nikon D3200新改造
LPS-D1光害カットフィルター
F4.2 ISO1600 240s
ステライメージ7で3枚コンポジット合成

薄明間際で3枚コンポジット、一枚あたりの露出時間も足りてませんが
FS60CB+RDの255mmの画角の広さを感じることが出来ますね。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-07-28 19:31 | 天体写真 | Comments(0)
今年もハワイに行ってきました。
今年はオアフ島+ハワイ島で、初めてのハワイ島です。
天体観測ツアーにも参加してきました。

d0251387_21134450.jpg
オリンパス OM-D EM-1 MZD12-40mmF2.8 PRO
F2.8 180s ISO1600
サイトロン ナノトラッカーによる自動追尾撮影

天の川がハッキリ見えて、大体の天の川の構造や濃淡
写真で見るような天の川が眼前に広がりました。
単写真ですが、アンタレス付近の暗黒星雲まで、よく写っています
カメラが天体用改造じゃなかったのが残念です。
今度行ったら、改造ボディーで撮りたいですね。

右の下にケンタウルス座のω星団が写っています。
肉眼で明るい星に見えて、笠井のワイドビノのような低倍率双眼鏡でも
球状星団であることがわかったのには、感動しました。


[PR]
by tenmontyu2 | 2014-07-24 21:21 | 天体写真 | Comments(0)
昨日は土星撮影の前に、月もついでに撮影しました。

d0251387_18434483.jpg
こちらは低空でしたので、かなりシンチレーションが悪かったです。

Vixen ED103s+Nikon1 V1+FT-1 による直焦点撮影
Vixen GPD2赤道儀による自動追尾
ISO 100 1/40s

手持ちの機材では、この鏡筒とV1の組み合わせが、一番手軽に
月撮影が出来ます。
普通のデジタル一眼でも、V1のように電子シャッターのみでシャッターが
切れれば、シャッターぶれの無いクリアな写真が撮れるのですが、レンズ交換式だと
今のところニコンのV1しか選択肢がないのでしょうか?
勿論、搭載されているとしたらミラーレスに限定されるかも知れませんが。

[PR]
by tenmontyu2 | 2014-07-02 18:50 | 天体写真 | Comments(0)
今日は本当に久しぶりに晴れましたので、久々に土星を撮影しました。

d0251387_23041176.jpg
撮影鏡 スカイウォッチャー 12.7センチマクストフカセグレン+2.4倍パワーメイト+QHY-5LⅡカラー
赤道儀 ビクセン GPD2+2軸モーター

レジスタックス6にて7000コマ中2000コマをスタッキング処理

透明度はイマイチでしたがシーイングはわりと良かったと思いますが
もう今一歩の解像力が欲しいですね。
恐らく、12.7のマグカセだとこの辺が限界なのでしょうか?


[PR]
by tenmontyu2 | 2014-07-01 23:11 | 天体写真 | Comments(2)