ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夜半に月が昇ってくるそれまでに、何とか天体撮影をすべく
久々の撮影ポイントへ。

今回の撮影機材は

Vixen SXP赤道儀
Vixen VC200L (1800mmF9 RC鏡筒)
オートガイダー(アドバンスユニット+ワテックビデオカメラ)
タカハシ FS60Q
Nikon VR600mmF4G
Nikon D7100
Nikon D7000

VC200Lはどちらかというと、球状星団、惑星状星雲、系外銀河
などの極小天体向け
VR600mmF4Gはアンドロメダ星雲などの大き目の天体用で
欲張り撮影しました。

d0251387_19171125.jpg


アンドロメダ大星雲 M31

Nikon VR600mmF4G F5
240秒と300秒の2コマをステライメージでコンポジット

d0251387_19255258.jpg


亜鈴状星雲 M27
VC200L 1800mmF9
180秒3コマをコンポジット

d0251387_192804.jpg


M33 さんかく座の系外銀河
Nikon VR600mmF4G
240秒と300秒の2コマをステライメージでコンポジット

d0251387_19343768.jpg


VC200L 1800mmF9
180秒 4コマ+300秒1コマ の5コマをコンポジット

d0251387_19374322.jpg


M45 和名は昴

VR600mmF4G
120秒、240秒の2コマをコンポジット

スバルは月のすぐ側にあり、条件は最悪ですが
思ったよりまともな写真が撮れます。


d0251387_19413100.jpg


こと座の惑星状星雲M57
通称リング状星雲

VC200L 180秒 1コマ

焦点距離の長い、VC200Lは星像は少し大きめで、ピントが追い込めていない
次回撮影までには、ピントあわせの補助具を用意して、もう少しとピンを追い込みたい。

VR600mmF4と比べると、VC200Lは画質で劣るが、その迫力は捨てがたいよさが
ある、今度は、好条件での撮影を行いたいと思う。
[PR]
by tenmontyu2 | 2013-09-28 19:49 | 天体写真 | Comments(2)
先日のM13は複数カット撮影してましたので、ステライメージで
コンポジットしてみました。

d0251387_22231653.jpg


前回の写真より少しましになりました。
光害のひどい場所でも、球状星団だと、そこそこ写るようですね。

光害の少ない星の良く見える場所で早く撮りたいです。
[PR]
by tenmontyu2 | 2013-09-22 22:27 | 天体写真 | Comments(0)
満月の最低の条件で、オートガイダーのテストを行った。

機材は
ビクセン SXP赤道儀 アドバンスユニット VC-200L
ガイド鏡 タカハシFS-60Q  ワテックWAT-902H2 ULTIMATE
Nikon D7000

今回はレデューサー無しで撮影したので
1800mmF9
35ミリ換算2700mmF9という超スーパー望遠の焦点距離です。

d0251387_23355771.jpg


M13

SXP+VC200L直焦点
1800mmF9 147秒露出 コンポジット無し
ISO800

思った以上によく写りました。

d0251387_23402692.jpg


M92

SXP+VC200L直焦点
1800mmF9 123.5秒露出 コンポジット無し
ISO400

滑り出しは好調です。
自宅の光害のひどい場所で、おまけに月は満月に近い状態を考慮すると
何時も行く観測地程度の空でも、期待できそうです。
[PR]
by tenmontyu2 | 2013-09-21 23:42 | 天体写真 | Comments(0)
久しぶりの天体写真です。

昨日は中秋の名月でした。

d0251387_20492342.jpg


ビクセンSXP+VC200L+0.7倍レデューサー

d0251387_2054775.jpg


d0251387_20553511.jpg


ガイド鏡はタカハシのFS-60Q
一応フローライトです。

ついでにオートガイダーのテストも行いました。

d0251387_20581322.jpg


久々に天文中年のHNらしい記事でした。(笑)
[PR]
by tenmontyu2 | 2013-09-20 20:59 | 天体写真 | Comments(0)
久しぶりに、雨上がりの星の池へ行くと

d0251387_20522494.jpg


昆虫はまだまだ夏の昆虫が主役ですが、空気そのものは秋を感じます。

キイトトンボ♀

D7100+シグマ180mmF2.8

d0251387_20545787.jpg


オオスカシバ

d0251387_20555395.jpg


ツマグロヒョウモン

流石に、ここに来て、蝶の姿が多く目に付きましたが、ヒョウモンチョウやツマグロヒョウモン
ばかり、ナミアゲハは全く見なかったです。

d0251387_20575812.jpg


トンボはシオカラトンボとギンヤンマだけ、
いったいどうなっているのでしょう?
やはり、年々昆虫が減少しているとしか考えられないですね。

d0251387_21007.jpg


セイボウが結構目立ちました。

日が差すと、汗ばみますが、時折吹く風はまさに秋の風の爽やかそを
感じました。
[PR]
by tenmontyu2 | 2013-09-08 21:02 | 昆虫写真 | Comments(0)