ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Nikon V1のテストをしました。

d0251387_2031281.jpg


Nikon V1+VR600mmF4G

d0251387_2032181.jpg


カワセミまでの距離は20メートルくらいです。
ちなみに焦点距離は1620mmです。
これはデジスコの領域ですね。(笑)

d0251387_20341282.jpg


Nikon V1は電子シャッターとメカニカルシャッターの両方を搭載してます。
電子シャッターだとシャッターショックはゼロです。
メカニカルシャッターでも、大きな三脚に付けた大きな超望遠レンズだと
シャッターショックは無いに等しいようです。

d0251387_20373513.jpg


ISO200

獲物のエビまでかなり鮮明に撮れますね。

d0251387_20382567.jpg


d0251387_20393332.jpg


ISO400

1010万画素なのに侮れない画質です。
高感度はISO800くらいまで実用です。

d0251387_20414191.jpg


ISO400

d0251387_20483092.jpg


さて、ここからは定番の組み合わせです。
VR300mmF2.8G+D7000です。

d0251387_2049368.jpg


まだまだ、瞬間的な写真はD7000のような従来のカメラの方が撮りやすいです。
でも、どんどん技術の進歩で、いずれはNikon V1のようなカメラで、同じような
フィーリングで撮れる時代がそこまで来ていると思わされます。

d0251387_20522658.jpg


d0251387_20524327.jpg


d0251387_2053629.jpg


d0251387_21374762.jpg


d0251387_21382323.jpg


ホバも撮りましたが、2枚目はちょっとピン甘いですね。(汗)



VR600mmF4G+V1のフルハイビジョン動画です。
最初のカワセミのペアーのダイビングは80メートルくらい離れていますが
何とか観察できます。♪



最後はカワセミのホバリングです。
動画にして見ました。
[PR]
by tenmontyu2 | 2012-02-26 20:54 | 野鳥写真 | Comments(6)
日曜日に結局、Nikon V1とFT1をゲットしました。
全く使わなくなったD80を下取りにして。
ちなみに、D80は2006年の発売日に購入したものなので
もう6年も前になるのですね。
でも、意外と良い値段で下取りしてくれました。♪

ニコンV1はレンズの焦点距離が2.7倍になるので、
望遠撮影にはとても有利です。
っていうか、野鳥撮影や昆虫マクロにこれから頑張ってくれるカメラと
思っています。

d0251387_21272157.jpg


マウントアダプターのFT1はニコンのFマウントのレンズの殆どが装着でき
AF-s系のレンズだとオートフォーカスも使える優れものです。
VR600mmF4GにTC-17E2を装着して、V1で撮影すると

なんと2754mmとデジスコも顔負けの超望遠レンズになります。

まあ、そこまでしなくても、小型軽量のAF-SED300mmF4Dに付けても
810mmF4と、普通の野鳥撮影には十分な焦点距離が得られます。

d0251387_21324649.jpg
d0251387_21325819.jpg


上がD7000+シグマAPO180mmF3.5DG HMS
下がV1+シグマAPO180mmF3.5DG HMS

l両方とも最短撮影距離で撮影したものです。

d0251387_21344730.jpg
d0251387_21345726.jpg


それぞれをピクセル等倍で切り出してみました。

V1と180ミリのマクロレンズの組み合わせは、私に新しいマクロの世界を
見せてくれそうな予感がしてます。

また、V1はメカニカルシャッターと電子シャッターをメニューで選択できるので
一眼レフにありがちなミラー&シャッターショックも排除できるので、強拡大マクロに
威力を発揮してくれると思っているので、今から昆虫シーズンが楽しみです。
[PR]
by tenmontyu2 | 2012-02-20 21:40 | 機材 | Comments(2)
今日は、私が使っているエリートの固定ローラー台リアルツアークロノの
ディフィカリティレベルについて、りんりんのドクターから指摘を受けたので
早速検証してみました。

ちなみに、いつもこのローラーを使っている時にはデフォルトのディフィカルティレベル
60%の設定になっていたので本来の表示されるべき出力に大いに誤差があるのでは
という懸念が・・・・

とても気になるので試してみました。

d0251387_20551216.jpg


ちょと今日は何時もより頑張ってみました

平地設定5キロで
アベレージ473W という結果です。
ちなみに火曜日60%の設定でアベレージ440Wでしたから
感覚的にディフィカルティを変化させても体感的には変わらない雰囲気です。
っていうか、例え5キロで6分間の間でも、私が470Wも出せるなんて
やっぱりこのローラーおかしいのかも・・・・

って言う事で、ドクターどう思います(汗)
[PR]
by tenmontyu2 | 2012-02-18 21:00 | 自転車 | Comments(0)
日曜日の朝は何時もの迅速練、今日は久しぶりに、チームリーダーの
駄目親父さんが来ました。
何時も、練習コースが中々決まらない中、今日は即決で迅速C ♪
久々のCコースです。

d0251387_21451279.jpg


淀川CRに入って、枚方を越えたあたりで何時ものペース。
御幸橋までは、楽に付いていけたのですが、そこから流れ橋を越えたあたりで
ちょっと千切れてしまいました。
まだまだですね。

明けての月曜日の今日は雨・・・
何時もの第二京阪寝屋周回練習は出来ないので、ローラーしときました。

d0251387_2151121.jpg


上りコースはしんどいので、平地設定で・・・
最後の500メートルはスプリントしましたが、今一歩です。
ちなみにアベレージ349Wですが、このローラー台のセンサーだと1割差し引くと
本来の出力のような気がします。(笑)
[PR]
by tenmontyu2 | 2012-02-13 21:53 | 自転車 | Comments(0)
今日は、午前中迅速練を行った後、午後から時間が空いたので
またまた、カワセミフィールドへ・・

d0251387_21245523.jpg


とりあえずカワセミが来るまで、コサギで遊びました。(笑)

結局、今日のカメラはD3+VR600mmF4

d0251387_21261918.jpg


程なくカワセミが来て、いきなりショートホバしてくれたのですが
意表を突かれてしまいました。(汗)

d0251387_21274894.jpg


今日は1/2000sのシャッター速度で撮ってみましたが、シーンによってはまだ
完全に止まりませんね。

d0251387_2129293.jpg


着水の瞬間も面白いですね。

d0251387_2134614.jpg
d0251387_2134192.jpg


ペリットを吐く瞬間です。
1枚目には口の奥にペリットが見えています。
2枚目には空中のペリットが見えてますね。♪

d0251387_21362457.jpg


手すり止まったスズメです。
鳥の脚では、金属製の手すりには止まりにくいと思うのですが
上手くバランスをとっていますね。

d0251387_21382836.jpg


フェンス越しのカワセミです。
このフェンスが無ければ、とても短い距離で撮れるのですが・・・

d0251387_21404957.jpg
d0251387_21411227.jpg


ホバしてくれるのは何時も離れた場所です。
AFがすぐ背景に引っ張られて撮りにくいです。(汗笑)

d0251387_2143149.jpg


今日もかなり接近してくれました、そのうちここで、交尾してくれるでしょう。

d0251387_21442119.jpg


カワセミは飛んでいく。
[PR]
by tenmontyu2 | 2012-02-12 21:44 | 野鳥写真 | Comments(0)
今週もカワセミを撮りに行きました。
先週はVR600FにD3の組み合わせでしたが、今週は
D300で撮ってみることにしました。

d0251387_21205349.jpg


天気が良いので、ISO感度もさほど上がらないので、D300でも十分なのですが
シャッターの切れの良さとAFの食いつきはD3の方が1枚上の感触です。

d0251387_21231527.jpg


勿論、十分撮れるのですが、撮っていて気持ち良いのはD3ですね。
この辺がプロ機との違いなのかも知れませんね。
フィーリングの差でしょうか。

D300+VR600mmF4G 1/1600s F4 ISO320

d0251387_21255012.jpg


d0251387_21261564.jpg

d0251387_2127282.jpg


水面にも良く写ってます。(笑)

d0251387_21275213.jpg


ちょっと距離があるところに飛び込むと、水面に対岸の木の緑が写って
水面が緑色になって綺麗です。

d0251387_21293138.jpg


近くに飛び込むと水面の色はこんな色です。(笑)

d0251387_21302391.jpg


水面から出てくるときは、大抵カワセミの体がねじれてます。
水面から脱出するときに必要な反動を付けるためにこういう
格好になるのだろうと思います。

d0251387_2133784.jpg


d0251387_21334820.jpg


手前の水しぶきが少しボケて、太陽の光が宝石をちりばめた様に見えて
とても綺麗です。

d0251387_2135329.jpg


相変わらずここのフィールドでは、雌が活発に餌を獲るようです。

d0251387_2137843.jpg

d0251387_21374540.jpg


今日は近くでホバリングしてくれました。

d0251387_21381413.jpg


後ろ向きに撮れる方が多いのですが、正面に戻ってくるように撮れるのは
このフィールドでの撮影ポイントではかなり少ない確率です。

d0251387_21402465.jpg


でも、ありきたりですが、横向きが一番それらしく撮れるので、この方が
良いですね。

d0251387_21415161.jpg


シャッタースピードは1/1600sでも、カワセミのダイビングの場合は被写体ブレすることが
結構あります。
確実にとめるには1/2000s以上のシャッター速度が必要だと思いますが
羽の動きも完全に止まってしまうので、動感に欠ける気がして、私の場合
1/1600sのシャッター速度を選ぶことが多いです。

d0251387_21473720.jpg

d0251387_2148829.jpg


エビが良く見えます。(笑)

d0251387_21484780.jpg


今度はD7000にしようかD3で撮るか迷いそうです。(笑)
[PR]
by tenmontyu2 | 2012-02-11 21:50 | 野鳥写真 | Comments(0)
枚方のとある公園では今、カワセミでフィーバーしてます。

d0251387_18142584.jpg


雄と雌の一羽づつ居るのですが、雌がサービス満点です。

d0251387_18153420.jpg


対岸近くでは、ホバリングもしてくれます。
でも、遠いです。
今回は久々に、D3を使ってみました。
レンズはVR600にTC-14E2をつけたり外したり。

d0251387_18301187.jpg


久々にD3を使ってみると流石プロ機、連写も9コマ秒と速いし、AFも良く追従してくれます。

d0251387_18315111.jpg


獲物の魚が小さいので、何度も飛び込んでくれる。
一回の食事に平均8回程度は飛び込んでくれる。
おかげでこのようなシーンが山のように撮れました。
ダイビング撮影の成功率は80%以上で、写真の整理に困るくらいです。(笑)

d0251387_1835742.jpg
d0251387_18353350.jpg
d0251387_18354384.jpg


3コマ連続の写真です。
この辺も9コマの威力でしょうか。


d0251387_18365688.jpg

d0251387_18373287.jpg

d0251387_18375142.jpg


ダイビングと言っても、そこは自然の写真、一枚として同じ写真はないです。
もっとも、ある意味似たり寄ったりなのですが、羽の角度と開き具合、捕った獲物の
写り具合と中々気に入った一枚は撮れないものです。

d0251387_18404385.jpg


おしっこも勿論撮りました。
ダイビングの後、この枝に来ると必ずこのカワセミはおしっこします。
カワセミのこの辺の一連の行動は、他の鳥と比較すると、わかりやすいと
私は思います。

d0251387_18424786.jpg


躍動感ある雰囲気です。
でも、とった獲物がとっても小さいでしょう。(笑)

d0251387_18452159.jpg
d0251387_18453910.jpg


水面から出る瞬間です。
目の瞬膜が閉じた状態です。

d0251387_18472065.jpg


たまに、雌の方が雄の近くに飛んできます。
あと、ひと月もすれば、カップルになると思います。
今はまだ、雄の方にその気に成っていないように見えます。

d0251387_18495454.jpg

d0251387_18501340.jpg


おしっこの連続写真です。
ここのカワセミはおしっこの時間が、私が今まで観察した中では少し短いです。
普通、0.3秒くらいの時間にするのですが、ここでは0.2秒くらい。
本当に瞬きする間より短いです。
9コマ連写で撮影しても、ぎりぎり2コマ写っているくらいで、タイミングが悪いと
1コマしか写っていない時もあります。

d0251387_1854585.jpg


まだまだ沢山撮ったのですが、まだ整理してないので、この辺にしておきます。(笑)
[PR]
by tenmontyu2 | 2012-02-05 18:55 | 野鳥写真 | Comments(2)