ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

カテゴリ:機材( 7 )

ASI1600MC-COOLのダークノイズテストをしてみました。

d0251387_14375984.jpg
GAIN300 120s 冷却無し 撮像素子温度 29.1度
流石に冷却無しだとノイズが凄いですね~
背景まで、青く被って熱ノイズの凄さが分かります。
d0251387_14391166.jpg
GAIN300 120s 冷却有 撮像素子温度 0度

流石になってたって冷却ですね~
ずいぶんノイズが無くなりましたが、この画像だと分かりにくいですが、それでも若干残ってますね。

d0251387_14475297.jpg
上の画像の輝度を約25倍上げました。
流石にわかりますね~
まあ、私の画像処理で元画像からここまで輝度を強調することは無いですが。(笑)
まあ、0度だと念の為にダークを撮ってダーク処理するのが良いかも知れませんね。

d0251387_14514553.jpg
GAIN300 120s 冷却有 撮像素子温度 -10度

さらに減りました
d0251387_14515547.jpg
流石-10度ですね。
この画像は同じく輝度を25倍アップさせてますが、殆どダークノイズは見えないです。

う~ん、マイナス10度の設定が良いかも知れませんね。
冷却カメラなので、自宅でダークライブラリー作ると良いかも。(汗笑)


[PR]
by tenmontyu2 | 2017-08-16 15:02 | 機材 | Comments(2)
星野ビデオ撮影用途のZWO ASI1600MC-COOL テストしました。




d0251387_17013571.jpg
ZWO ニコンFマウントアダプター・ASIカメラ全般用とZWOのカメラホルダー三脚座です。
ちなみにこの三脚座キャノンのEF70-200F2.8用みたいです。(笑)
って言っても、勿論キャノン製ではなく、完全なるコピー品ですね。流石中華ですね~。

お盆休み後半はお天気ダメダメで、本当は星を撮りたいところですが、とりあえずベランダでテスト。

d0251387_17013300.jpg
こちらは、ニコンの安レンズのAF28-80F3.5-5.6Dをつけてテスト。

d0251387_17002641.jpg
非冷却で撮影
このカメラと普通のデジタル一眼レフとの大きな違いは、感度がISOでなくGAINということでしょうか。
ちなみに、GAINは0から500まで調整できるようです。
ちなみにこの画像はGAIN300です。

d0251387_17002703.jpg
こちらは、GAIN0
このサイズだと画質の違いは分からないですね。

d0251387_17002814.jpg
d0251387_17002724.jpg
ピクセル等倍にトリミングしてみました。
すると、ノイズの差が分かりますね。

おおよその見当でGAIN0がISO200程度で、GAIN300がISO3200程度でしょうか。
比較は手持ちのマイクロフォーサーズのOM-D EM-1比です。(笑)
天体撮影ならコンポジットするので、GAIN300くらいまでは実用でしょうか。
ネットでASI1600MC-COOLでくぐると、GAIN150くらいから300、中には450という設定で


撮影されている方もいるようです。
星雲とかのDEEPSKYは300で、月惑星は0から100くらいが良いように思います。

さて、冷却CMOSカメラなので、冷却時の消費電力も気になるところですね。

d0251387_17013512.jpg
ちなみに今日の外気温は30度で
フルパワーで冷却すると、約2.6Aの消費電力でした。
ちなみにこのときの撮像素子温度は-12.3度
外気温-42.3度とかなり優秀です。

d0251387_17013458.jpg
外気温-30度 撮像素子温度0度に設定すると
消費電流は0.73Aとかなり低消費電力ですね。
このカメラの冷却は外気温-30度程度で使うのがよさそうですね。

使用ソフトはSHAPCAPTUREを使用しました。
このソフトはQHY178Cと同じものなので、使用方法も慣れていて、添付ソフトにはFIRECAPTUREもありましたが
こちらを使うことになりそうです。
まあ、とりあえずノートPCにはインストールしましたが。(笑)

さて、新月期にまともに晴れない日が続いてますが、秋晴れのスカッとした空で星を撮りたいですね~。(汗)

[PR]
by tenmontyu2 | 2017-08-15 17:36 | 機材 | Comments(2)
d0251387_1234612.jpg


SSPの会員の方、特に昆虫写真関係の方々に大人気の
オリンパス TG-3
私も本日ゲットしました。
ただいま充電中です。
昆虫撮影には勿論、今年もハワイ(オアフ島とハワイ島)に行くので
一眼のサブにこのカメラが大活躍してくれると今から楽しみです。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-06-22 12:35 | 機材 | Comments(0)
d0251387_21105245.jpg


2年近く前に高速連写と超高速ムービーが売りのカシオのコンデジFC-150
を買って、それをサイクリング用に使ってきましたが、如何せんカシオのレンズは
イマイチ描写が甘く、段々嫌になってきましたので、低価格で比較的綺麗に写り
そしてコンパクトで軽いコンデジを物色しました。

d0251387_21135615.jpg


ニコン クールピクスS3300
出た当初から1万5千円程度とエントリー機的なモデルで元々安いのですが、
なんとモデル末期の今は、キタムラで6300円とまるで、高速SDカード並み価格に
驚き、デモ品画質を確認すると、FC-150なんかより断然解像度も高くて、殆ど
衝動買いに近い状況で買ってしまいました。(笑)

S3300はエントリー機なので、シーンモードとオートモードの二通り
まあ、シーンモードは結構いろんなシーンに対応しているので、自転車用に
人物や風景を撮るのには十分です。
その点は、FC-150はまがいなりにも、当時のカシオの上級機だったので
絞り優先、シャッター優先、P、マニュアルモードと、一眼レフ並みの機能を
持っていますが、レンズがしょぼい・・・・

d0251387_21252844.jpg


CASIO EX-FC-150
F3.6 1/2s ISO100

d0251387_21273635.jpg


Nikon COOLPIX S3300
F4.2 1/2.5S ISO80

2枚とも、ノーレタッチですから、撮ったままです。
明らかに、コントラストも解像度もS3300が圧倒的に良いですね。
例えば、コルナゴM10Sの白いバーテープの描写を比較してみてください。

d0251387_21311580.jpg


CASIO EX-FC-150
先ほどのトリミング画像です。
拡大すると画質の差が良くわかりますね。

d0251387_2133638.jpg



Nikon COOLPIX S3300

この差は、カメラにうるさくない人でも、見れば解るレベルですね。
ちなみに、FC-150は1000万画素、S3300は1600万画素となってトリミング
耐性も上がってます。

しかし、これほどよく写るデジカメが6300円で買えるって凄い時代ですね。
[PR]
by tenmontyu2 | 2012-12-15 21:38 | 機材 | Comments(0)
今まで使っていたPCが遅く感じる様になってきたので
PCを新調しました。

d0251387_19301899.jpg


CPU intel i7 3770k
M/B ASUS P8Z77-V
MEM ADATA DDR3-1600(PC3-12800) 8GB×2枚
SSD Intel SSDSC2CT180A3K5  180GB
HDD Western Digital WD30EZRX 3TB×2台
BD LG BH14NS48
VGA XFX HD-667X-ZWF4 RadeonHD 6670
CASE COOLER MASTER CM690 II Plus NVIDIA Edition Rev2
OS WINDOWS7 HOME-P
電源 HEC WIN+ Power 3 700W HEC-700TB-2WK 700W

d0251387_1941515.jpg


SSDを起動ドライブに設定しているから、biosの画面から
WIN7の立ち上がりまで、わずか10秒弱です。

従来のPCはCPUがCORE2 QUAD9550だったので
最大2.83GHzから最大3.8GHzプラスハイパースレッドによる
8スレッド動作で4割程度は速くなったと思う。

前回のPCの組み立てが3年前たったので、これで3年は安泰だと思っています。

ニコンのキャプチャーNX2 64bitネイティブ版もインストールしてD800の
大きなファイルもさくさく現像できてなかなか快適です。
[PR]
by tenmontyu2 | 2012-08-13 19:42 | 機材 | Comments(3)
d0251387_5435795.jpg


さて、これは何でしょう?
わかる人にはわかりますよね。♪
ウエスでオイルを拭き取ったので、ウエスの細かい細かい繊維が
着いていますが、肉眼では気がつきませんでした。

d0251387_5381047.jpg


3600万画素の等倍トリミングです。

d0251387_5401075.jpg


これで、わかりました。
答えはDURA-ACE FC-7950のチェーンリングです。

雨が多いとやること無いのでこんなネタですみませんm(_ _)m

d0251387_22183997.jpg


チェーリングの刃形状
[PR]
by tenmontyu2 | 2012-07-07 05:43 | 機材 | Comments(6)
日曜日に結局、Nikon V1とFT1をゲットしました。
全く使わなくなったD80を下取りにして。
ちなみに、D80は2006年の発売日に購入したものなので
もう6年も前になるのですね。
でも、意外と良い値段で下取りしてくれました。♪

ニコンV1はレンズの焦点距離が2.7倍になるので、
望遠撮影にはとても有利です。
っていうか、野鳥撮影や昆虫マクロにこれから頑張ってくれるカメラと
思っています。

d0251387_21272157.jpg


マウントアダプターのFT1はニコンのFマウントのレンズの殆どが装着でき
AF-s系のレンズだとオートフォーカスも使える優れものです。
VR600mmF4GにTC-17E2を装着して、V1で撮影すると

なんと2754mmとデジスコも顔負けの超望遠レンズになります。

まあ、そこまでしなくても、小型軽量のAF-SED300mmF4Dに付けても
810mmF4と、普通の野鳥撮影には十分な焦点距離が得られます。

d0251387_21324649.jpg
d0251387_21325819.jpg


上がD7000+シグマAPO180mmF3.5DG HMS
下がV1+シグマAPO180mmF3.5DG HMS

l両方とも最短撮影距離で撮影したものです。

d0251387_21344730.jpg
d0251387_21345726.jpg


それぞれをピクセル等倍で切り出してみました。

V1と180ミリのマクロレンズの組み合わせは、私に新しいマクロの世界を
見せてくれそうな予感がしてます。

また、V1はメカニカルシャッターと電子シャッターをメニューで選択できるので
一眼レフにありがちなミラー&シャッターショックも排除できるので、強拡大マクロに
威力を発揮してくれると思っているので、今から昆虫シーズンが楽しみです。
[PR]
by tenmontyu2 | 2012-02-20 21:40 | 機材 | Comments(2)