ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

カテゴリ:天体写真( 272 )

3月の新月期は御杖高原に行って来ました。

メンバーは何時もの場所で、まーくん、くろさん、シゲポンさん
そして、少し上の東屋にはTさんとそのお仲間さん数名(昔、瑠璃渓でよくお会いした)
で、御杖も結構賑わってました。


d0251387_17445659.jpg


M64 黒目銀河

GS200RC+ASTROTECフラットナー
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
アドバンスユニットによるオートガイド
QHY9
カメラ冷却温度-25℃
GAIN 10 OFFSET 120
L360s×8 RGB360s×3 (合計102分)

d0251387_17454967.jpg


NGC4565

GS200RC+ASTROTECフラットナー
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
アドバンスユニットによるオートガイド
QHY9
カメラ冷却温度-25℃
GAIN 10 OFFSET 120
L360s×8 RGB360s×3 (合計102分)

d0251387_1746369.jpg


M13

GS200RC+ASTROTECフラットナー
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
アドバンスユニットによるオートガイド
QHY9
カメラ冷却温度-25℃
GAIN 10 OFFSET 120
L360s×8 RGB360s×3 (合計102分)

今回はQHY9のゲインとオフセットを少し上げました。
オフセットは120で丁度位だと思いますが、ゲインはもう少し上げても良いかなあと思います。
次回はゲイン15 オフセット120で撮影してみようかと思っています。

最後にM17を撮影したのですが、残念ながら途中で雲が出てきて、撮影中止となりました。
それでも3時半くらいまで撮影できましたので、良かったです。

さて来月は何処に行こうかなぁ。
まあ、長焦点+QHY9なら安定の神野山もありかなぁなんて思っています。
[PR]
by tenmontyu2 | 2016-03-13 17:54 | 天体写真 | Comments(6)
二月の初旬の御杖遠征で3ヶ月間タカハシに入院していたFSQ106EDをテストしてみました。

d0251387_8145086.jpg


M13

FSQ106ED F5
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
アドバンスユニットによるオートガイド
CentralDS ASTRO60D -19.4℃
ISO1600 300s×11コマ 55分露光

d0251387_8201658.jpg


M63 ひまわり銀河

FSQ106ED F5
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
アドバンスユニットによるオートガイド
CentralDS ASTRO60D -19.4℃
ISO1600 300s×22コマ 110分露光

d0251387_8224467.jpg


M104 ソンブレロ星雲

FSQ106ED F5
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
アドバンスユニットによるオートガイド
CentralDS ASTRO60D -19.4℃
ISO1600 300s×6コマ 30分露光

入院から帰ってきたFSQ106EDはとりあえずレデューサー無しだと
問題は無いようです。
レデューサー付けるとカメラのスケアリングも僅かな傾きで影響あるようなので
しばらくは、レデューサーなしかなぁなんて思ってます。
一度、QHY9でも撮ってみたいと思いますが、夏物までお預けかな、春はやはり系外メインですしね。
[PR]
by tenmontyu2 | 2016-03-02 08:29 | 天体写真 | Comments(0)
井内浦撮影分を再々処理しました。

d0251387_22203024.jpg


M13

GS200RC+笠井RD0.8
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
アドバンスユニットによるオートガイド
QHY9
カメラ冷却温度-25℃
GAIN 5 OFFSET 110
L180s×8 240s×4 RGB180s×3 (合計1時間7分)

今回は処理系統を煮詰めて星マスクも使用しました。
星の輝度を保ちつつ、星の色を出しました。

d0251387_2223389.jpg


M1 かに星雲

GS200RC+笠井RD0.8
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
アドバンスユニットによるオートガイド
QHY9
カメラ冷却温度-25℃
GAIN 5 OFFSET 110
L360s×8 RGB360s×3 Ha360s×3 (合計2時間)

d0251387_22241462.jpg


同上のトリミングです。
今回はくろさんのフラットパネルをお借りして、フラット撮影もチャレンジしてみましたが、
残念ながら、フラットが適合せず、処理にフラット処理が含まれて居ません。
フラット撮影用のLEDパネルも購入したので、次回からは適合するフラット撮影にチャレンジしたいと
思っています。
[PR]
by tenmontyu2 | 2016-02-25 22:26 | 天体写真 | Comments(0)
井内浦撮影分のM13を 再処理しました。

d0251387_234441.jpg


M13の中心部の星の色を限界まで出してみました。(汗)
ちょっと雰囲気だけですが。
アメリカンぽい色合いかも。
[PR]
by tenmontyu2 | 2016-02-20 23:07 | 天体写真 | Comments(2)
2月の新月期はQHY9 セカンドライトに御杖高原に行きました。

d0251387_5465864.jpg


M13

GS200RC+ASTROTEC屈折フラットナー
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
アドバンスユニットによるオートガイド
QHY9
カメラ冷却温度-25℃
GAIN 3 OFFSET 125
L240s×6 RGB240s×2 (合計48分)

d0251387_55149.jpg


M63 ひまわり銀河

GS200RC+ASTROTEC屈折フラットナー
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
アドバンスユニットによるオートガイド
QHY9
カメラ冷却温度-25℃
GAIN 3 OFFSET 125
L420s×8 RGB420s×2 (合計1時間38分)

M104 ソンブレロ星雲

d0251387_5535864.jpg


GS200RC+ASTROTEC屈折フラットナー
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
アドバンスユニットによるオートガイド
QHY9
カメラ冷却温度-25℃
GAIN 3 OFFSET 125
L420s×10 RGB420s×2 (合計112分)

QHY9の撮影にも少し慣れて来ましたが、画像処理とカメラの感度設定は
まだ、ちんぷんかんぷんです。(汗)
三月の新月期までに色々と便利小物の充実も図ったりで色々工夫したいと
思ってます。
[PR]
by tenmontyu2 | 2016-02-15 05:58 | 天体写真 | Comments(0)
2月の新月期の第一弾はQHY9のファーストライトです。

d0251387_7311116.jpg


M1 かに星雲

GS200RC+笠井RD0.8
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
アドバンスユニットによるオートガイド
QHY9
カメラ冷却温度-25℃
GAIN 5 OFFSET 110
L360s×8 RGB360s×3 Ha360s×3 (合計2時間)

冷却デジカメのASTRO60Dと比較すると、細部の写りが違います。
流石にモノクロ冷却CCDですね。
解像度が一段上がりました。
惑星状星雲や小銀河はもうQHY9で撮ることに決定ですね。

d0251387_6201422.jpg


M51 子持ち銀河

GS200RC+笠井RD0.8
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
アドバンスユニットによるオートガイド
QHY9
カメラ冷却温度-25℃
GAIN 5 OFFSET 110
L480s×8 RGB480s×3 (合計2時間16分)

M1もそうですが、色の出が少し悪いです。
QHY9の先輩のくろさんに聞くと、GAIN 3 OFFSET 125の方が
色のりが良いようです。
次回はカメラの設定変更して撮ろうと思ってます。

d0251387_6252212.jpg


ω星団

GS200RC+笠井RD0.8
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
アドバンスユニットによるオートガイド
QHY9
カメラ冷却温度-25℃
GAIN 5 OFFSET 110
L180s×6 RGB180s×2 (合計36分)

低空の対象は大気差とシンチレーションの影響が大きく、オフアキでもない限り
星は流れ気味ですね。
これからの課題です。


d0251387_7312931.jpg


M13

GS200RC+笠井RD0.8
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX
アドバンスユニットによるオートガイド
QHY9
カメラ冷却温度-25℃
GAIN 5 OFFSET 110
L180s×8 240s×4 RGB180s×3 (合計1時間7分)

この対象はこれから春にかけて撮りやすくなるので、じっくりと2時間くらいかけて撮りたい対象です。
この日は一晩中晴れても4対象の撮影、本来はこの半分の2対象が限度ですね。
冷却モノクロccdは時間掛かりますね。
これからはじっくりと行きたいところです。

今回の遠征はまーくん、くろさんと私の3名、現地で2名の方との合計5名でした。
それにしても、井内浦は冬場の晴天率が高く、地形的に風も少なく良い場所です。
勿論、空の暗さは一級品ですね。
次回は、スカイメモSも持って行って、星景も撮りたいと思います。
[PR]
by tenmontyu2 | 2016-02-13 06:33 | 天体写真 | Comments(2)
1月の新月期は三重県熊野の井内浦農村公園に遠征に行きました。
今回は三連休ということで2泊です。

d0251387_13324595.jpg


とりあえず撮影風景
Nikon V1 10mmF2.8 30s

d0251387_1334985.jpg


M1 カニ星雲

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO3200 300s×20コマ 100分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

今回はガイドをコバンザメ方式に替えてのガイドです。
親子亀よりは鏡筒のたわみの影響少ないです。

d0251387_13455555.jpg


M81

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO6400 300s×10コマ 50分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

d0251387_13481186.jpg


M33

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO5000 360s×16コマ 96分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

終盤のM33です。
秋の天候不良により好シーズンに撮りそびれました。
画角的にはみ出してますが、内部構造はわかりやすいです。

d0251387_13522946.jpg


M97 フクロウ星雲

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO6400 300s×3コマ 9分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

d0251387_13563518.jpg


M108

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO4000 300s×30コマ 150分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

なにゆえ、M108ごときを150分も撮影したかですが、実は2日目の撮影で
24時にこの対象をスタートして、5時まで爆睡してしまいました。
5時間無駄にするところ、2時間半の無駄で済んだわけですが
枚数を増やしがいの無い対象でした。(汗)

d0251387_1402036.jpg


バラ星雲

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO6400 300s×8コマ 40分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

並列同架の鏡筒でバラ撮影中にとりあえず、鏡筒を遊ばすのももったいないので
バラ中心部です。

d0251387_1432762.jpg


NGC4565

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO6400 300s×8コマ 40分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

エッジオンですね。

d0251387_1424789.jpg


ω星団

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO3200 180s×16コマ 54分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

今回メインのω星団です。
熊野でも低い高度ですね。(汗)
低空の大気差やシンチレーションが大きく影響受けてますから、長焦点は微妙ですね。
600mm程度の焦点距離の方が見栄え良いかもですね。

d0251387_141052.jpg


次回の遠征では長焦点系はモノクロ冷却CCDでの撮影になります。
今、記事を書きながらモノクロ冷却CCD到着待ちです。
来月の新月期には撮影できるように色々と準備が必要です。
[PR]
by tenmontyu2 | 2016-01-23 14:13 | 天体写真 | Comments(2)
2016年最初の遠征は御杖高原です。

1/3日の夜に遠征してきました。
この日の月齢は23.7で25時過ぎに月が昇ります。
薄明終了からだとゆうに7時間くらい撮影時間ありますから、晴れれば
十分な成果を期待していきました。

d0251387_19193349.jpg


M1

GS200RC+アストロテック屈折用フラットナー 1600mmF8
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX+miniBORG50+2.4倍バローによるオートガイド
centralDS ASTRO60D
HEUIB-2
ISO3200 300S×12コマ 60分
外気温 5度 冷却温度-17.7度

この季節の長焦点定番の惑星状星雲です。
今回は親子亀ガイドからコバンザメ方式に変えて、ガイドしました。

結果は上々で、1600mmでピクセル等倍で画像確認してもガイドの流れは
無く満足いく結果でした。

d0251387_19264521.jpg


NGC2903

GS200RC+アストロテック屈折用フラットナー 1600mmF8
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX+miniBORG50+2.4倍バローによるオートガイド
centralDS ASTRO60D
HEUIB-2
ISO4000 300S×8コマ 40分
外気温 5度 冷却温度-17.7度


まだまだですが、とりあえず腕の淡い部分も何とか出てます。
ディテールはデジカメなので今一歩ですが、この辺は冷却モノクロCCD待ちですね。(意味ありげ)

d0251387_1932304.jpg


バラ星雲

GS200RC+アストロテック屈折用フラットナー 1600mmF8
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX+miniBORG50+2.4倍バローによるオートガイド
centralDS ASTRO60D
HEUIB-2
ISO6400 300S×8コマ 40分
外気温 5度 冷却温度-17.7度

この日はFS60CB+RDとの並列同架でしたので、バラ撮影中、RCを遊ばすのも
もったいないので、バラの中心部を撮影しました。
思ったよりも面白い対象でこれはこれで良いかもなんて思ってます。

d0251387_19353099.jpg


オリオンの大星雲 M42

GS200RC+アストロテック屈折用フラットナー 1600mmF8
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX+miniBORG50+2.4倍バローによるオートガイド
centralDS ASTRO60D
HEUIB-2
ISO3200 240S×10コマ 40分
外気温 5度 冷却温度-17.7度

バラと同じ理由でのオリオンの大星雲です。

d0251387_19463876.jpg


馬頭星雲

GS200RC+アストロテック屈折用フラットナー 1600mmF8
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX+miniBORG50+2.4倍バローによるオートガイド
centralDS ASTRO60D
HEUIB-2
ISO6400 300S×10コマ 40分
外気温 5度 冷却温度-17.7度

馬頭は淡い部分を出そうとすると、RCでもフラット撮影の必要を感じますね。
今年はフラットもちゃんと撮れて、画像処理をもう一歩進めて行きたいです。


d0251387_19373123.jpg


M97 フクロウ星雲

GS200RC+アストロテック屈折用フラットナー 1600mmF8
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX+miniBORG50+2.4倍バローによるオートガイド
centralDS ASTRO60D
HEUIB-2
ISO4000 300S×6コマ 30分
外気温 5度 冷却温度-17.7度

久々にフクロウ星雲撮影しました。
ここから先は、月が昇ってきた後の撮影なので、少しコントラストが低いですね。

d0251387_1940130.jpg


M82

GS200RC+アストロテック屈折用フラットナー 1600mmF8
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX+miniBORG50+2.4倍バローによるオートガイド
centralDS ASTRO60D
HEUIB-2
ISO2500 180S×10コマ 30分
外気温 5度 冷却温度-17.7度

d0251387_19414572.jpg


NGC4565

GS200RC+アストロテック屈折用フラットナー 1600mmF8
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX+miniBORG50+2.4倍バローによるオートガイド
centralDS ASTRO60D
HEUIB-2
ISO3200 240S×4コマ 16分
外気温 5度 冷却温度-17.7度

月からさほど離れてない髪の毛座の4565ですが、雰囲気だけ撮影しました。
日の対象はこれからですね。
今年は満足できるものを撮影したいと思ってます。
[PR]
by tenmontyu2 | 2016-01-05 19:50 | 天体写真 | Comments(4)
本年もよろしくお願い致します。

d0251387_9242929.jpg

[PR]
by tenmontyu2 | 2016-01-02 09:24 | 天体写真 | Comments(2)
今回の遠征の目的の一番はやはり今が旬のカタリナ彗星ですね。

d0251387_2164434.jpg


カタリナ彗星

SKY90+RD 407mmF4.5
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX によるオートガイド
centralDS 60D-FM
ISO4000 120s×20コマ 40分
LPR-N FF光害カットフィルター

手持ちの機材だと今回はFS60CB+RDの方がこの彗星向きでしたね。(汗)

d0251387_21125376.jpg


馬頭星雲

SKY90+RD 407mmF4.5
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX によるオートガイド
centralDS 60D-FM
ISO4000 240s×7コマ 28分
LPR-N FF光害カットフィルター

d0251387_21155672.jpg


M78
ウルトラの星

SKY90+RD 407mmF4.5
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX によるオートガイド
centralDS 60D-FM
ISO4000 240s×7コマ 28分
LPR-N FF光害カットフィルター

ウルトラの星で有名なM78星雲です。
上の赤い星雲はバーナードループです。

d0251387_2119430.jpg


M81 M82

SKY90+RD 407mmF4.5
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX によるオートガイド
centralDS 60D-FM
ISO4000 180s×13コマ 39分
LPR-N FF光害カットフィルター

d0251387_21204538.jpg


M51 子持ち銀河

SKY90+RD 407mmF4.5
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX によるオートガイド
centralDS 60D-FM
ISO4000 180s×11コマ 33分
LPR-N FF光害カットフィルター

d0251387_2122298.jpg


M101 回転花火銀河

SKY90+RD 407mmF4.5
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX によるオートガイド
centralDS 60D-FM
ISO4000 180s×5コマ 15分
LPR-N FF光害カットフィルター

d0251387_21244538.jpg


ここからは、メシエマラソン用撮影分です

M46 散開星団

SKY90+RD 407mmF4.5
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX によるオートガイド
centralDS 60D-FM
ISO3200 120s×8コマ 16分
LPR-N FF光害カットフィルター

散開星団のなかに惑星状星雲が小さく写ってます。

d0251387_21274893.jpg


M47 散開星団

SKY90+RD 407mmF4.5
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX によるオートガイド
centralDS 60D-FM
ISO1600 120s×9コマ 18分
LPR-N FF光害カットフィルター

d0251387_21295510.jpg


M41 散開星団

SKY90+RD 407mmF4.5
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX によるオートガイド
centralDS 60D-FM
ISO1600 120s×8コマ 16分
LPR-N FF光害カットフィルター

d0251387_21315887.jpg


M44 プレセペ星団

SKY90+RD 407mmF4.5
Vixen AXD
AVunit+Watec910HX によるオートガイド
centralDS 60D-FM
ISO1600 120s×3コマ 9分
LPR-N FF光害カットフィルター

プレセペはFS60CB+RDで撮り直したいですね。

とりあえずメシエカタログ分4個ゲットです。

来年の新月期にはカタリナ彗星もリベンジしたいです。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-12-28 21:36 | 天体写真 | Comments(0)