ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

カテゴリ:昆虫写真( 39 )

久しぶりのトンボに撮影へ行って来ました。

d0251387_18563055.jpg


トンボと言えばギンヤンマですね。

D7100+タムロン180mmF3.5Diマクロ

タムロンのこのレンズはAF遅いので、MFで撮影。
って言うか、今回は全てMFです。

d0251387_18584032.jpg


シオカラトンボの産卵警護飛行

d0251387_18592862.jpg


両方にピントを合わせるのは至難の業です。雌にしか合ってません。(汗)

d0251387_1903639.jpg


d0251387_1905632.jpg


d0251387_19156.jpg


久しぶりのトンボの飛翔撮影でしたが、何とか撮れました。
一度身についたスキルはそうそうに駄目にはならないようで、安心しました。
ギンヤンマのシーズンもそろそろ終盤、今日は雌が居なくて、産卵シーンが撮れなくて残念でした。
[PR]
by tenmontyu2 | 2016-09-04 19:04 | 昆虫写真 | Comments(0)
今朝は、うす曇で昆虫撮影には丁度よい感じだったので
久々に、家の近所の星の池公園に行きました。

d0251387_1717252.jpg


ベニシジミ

本日の撮影機材は小型軽量のオリンパスOM-D EM-5に
M.ZUIKO60mmF2.8MACRO

の組み合わせ、ちょい撮りならフラッグシップのEM-1より小さくて好きです。

d0251387_17203072.jpg


キリギリスの2齢幼虫くらいでしょうか、体長10mm程度

d0251387_17222935.jpg


クマバチ ♂

何で、♂って言えるかっていいますと、縄張り飛翔してますから、間違いなく雄です。
ちなみに、雄は針持ってないですから、刺されることありません。
でも、だからといって手で握る勇気ないですが。(笑)
でも、保障します、絶対にさされません。(爆)

クマバチの縄張り飛翔見ると、もう初夏だなぁと季節を感じます。
とりあえず、飛翔写真でも撮りました。
まあ、クマバチの飛翔写真は昆虫飛翔撮影入門編で゛すから、腕のなまった私でも
流石に楽勝。

羽をぶらして躍動感付ける為に、1/500sのシャッターで撮影です。

d0251387_17283762.jpg


ヒメウラナミジャノメ

羽の裏側は波うったような模様があります。
まあ、撮ってませんが、って言うか撮ろうと思ったら逃げられました。(笑)

d0251387_1734238.jpg


ホソミオツネントンボ♂

今年初見のトンボです。
まあ、成虫越冬ですから、去年の秋のトンボですが。(汗)
春先一番に見れるトンボです。
個人的にはこのブルーな模様が鮮やかで好きです。

d0251387_17363944.jpg


ハラビロトンボ♂ 未成熟

やっと合えました、今年のトンボ。
まだ、羽化してそう日にちが経ってないようですね。
腹の形から判断して恐らく雄です。
成熟すると、雄雌の見分けは色が違うのでやさしいです。

d0251387_17392212.jpg


コアオハナムグリ

久しぶりに昆虫撮影すると、やはり楽しいですね。
連休中にまた、昆虫撮影しようと思います。
でも、久しぶりなのでちょっと、思う様に撮れない部分もあったりで、リハビリ要ですね。(笑)
っていうか、虫への近づき方ちょっと雑だったと反省です。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-04-29 17:43 | 昆虫写真 | Comments(0)
春分の日シリーズ最後は、ペルセウス座の二重星団です。

まあ、単なる星の集まりですから、露出も控えて、枚数も3枚のコンポジットです。
露出が少なめだと個々の星の色が白とびせず、尚且つ星像も肥大しないので
素性のよい鏡筒だと、見ていて気持ちがよいです。

d0251387_20565949.jpg


SQ-106ED + レデューサーQE 0.73X 385mm F3.6
ASTRO60D (IR+冷却改造EOS60D)
Vixen SXP赤道儀
BORG 60EDガイド鏡+ワテック902H2 アドバンスユニットによるオートガイド撮影

ISO1600 120s×3コマ 総露出時間 6分
ステライメージ7によるコンポジット加算平均+画像処理
Nikon NX2による画像処理
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-09-24 20:57 | 昆虫写真 | Comments(0)
久々に昆虫撮影に行きました。
ニッコールクラブのT田さんご夫妻と一緒に行きました。

d0251387_17102013.jpg


ギンヤンマの産卵
Nikon D7100+シグマ180mmF3.5
F3.8 1/1600s ISO160

久々のシグマ180mmF3.5を使ってみました、
今回はギンヤンマの飛翔狙いだったので少しでも軽いレンズということで
現行のF2.8ではなく、旧型のF3.5を使いました。
このレンズF2.8より随分軽いのですが、AFが迷ったりして、手持ちのレンズとしては
微妙なポジションと感じました。

d0251387_17164131.jpg


Nikon D7100+シグマ180mmF3.5
F3.8 1/1600s ISO140

低視線での撮影がメインのギンヤンマの産卵撮影は手持ちが有利ですから
軽いF3.5のレンズの選択はあながち間違いでもないと思いますが、、、

d0251387_17211844.jpg


Nikon D7100+シグマ180mmF3.5
F3.8 1/1600s ISO280

この手の飛翔写真は数を撮らないと駄目ですね。
今回はあまり数が撮れませんでしたので、これが一番ましなカット(汗)

d0251387_17235264.jpg


Nikon D7100+シグマ180mmF3.5
F4.0 1/1600s ISO450

シオカラトンボもとりあえず抑えましたが、ピンがイマイチですね。

d0251387_17254593.jpg


Nikon D7100+シグマ180mmF3.5
F3.8 1/1600s ISO800

普通の飛翔も今回はあまりチャンスがなく、イマイチな結果でした。
まあ、今シーズンもう一度リベンジしたいですね。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-08-16 17:27 | 昆虫写真 | Comments(0)
オリンパスTG3試写をしてみました。

d0251387_20352560.jpg


セマダラコガネ 体長約10mm
TG3 深度合成 1/320s F6.3

d0251387_20382376.jpg


比較のためにオリンパス OM-D EM-1+MZD60mmF2.8MACRO

この画像のピクセル等倍画像が

d0251387_2042986.jpg


マクロ撮影はワーキングディスタンスが短いほど被写界深度が浅くなりますが
本来TG3のワーキングだと一点しかピントが来ないのですが、離れて撮影した
EM-1とほぼ同じ程度の被写界深度ですね。
TG3の画像はEM-1に比較すると若干眠い画像なのが少し残念です。

d0251387_20463254.jpg


コミズジ 
ホシミスジ
TG3 深度合成 1/400s F3.2

d0251387_20484362.jpg


TG3の深度合成も完璧ではありません。
約一秒間程度の間に数枚のピントをずらしたカットを撮影して、それをカメラが
合成するので、撮影中に被写体が動くと、上のような写真になります。

d0251387_20515231.jpg


OM-D EM-1+MZD60mmF2.8MACRO

トンボや蝶などは、OM-D EM-1の方が撮りやすいですが
TG3は小さな昆虫で、寄れて、あまり動きが無い場合なら
このカメラに代わるカメラは無いといえます。

私の場合、今年の夏は、
APS-C D7100+シグマ180mmF2.8MACRO
4/3 EM-1+MZD60mmF2.8MACRO
TG3

この3台で機材的には万全ではないかと思ったりしてます。(笑)
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-06-23 20:57 | 昆虫写真 | Comments(3)
嫁さんと嫁さんのお母さんを連れて淡路島のホテルニュー淡路夢泉景へ行きました。

d0251387_1841056.jpg


ホテルに行く前に花さじきに寄ってきました。

d0251387_18415133.jpg


花さじきには花がいっぱい、昆虫もいっぱいいました。
ナミアゲハを適当に撮りました。(笑)

オリンパス OM-D EM-5 MZD12-40mmF2.8 PRO

このレンズは流石にオリンパスのフラッグシップ標準ズームだけあって
アゲハ蝶くらいの大きさの昆虫だとマクロレンズ不要と思うくらい良く撮れます。

d0251387_18455328.jpg

d0251387_18463139.jpg


SUMOTO ARTSAN SQUARE
オリンパスお得意のアートフィルター
「ドラマチックトーン」です。(笑)

d0251387_18485071.jpg


ここで、昼食
ふわとろオムライスを食べました。

d0251387_18495676.jpg


ホテルの部屋からの景色
夢泉景の最上階からの景色です。

d0251387_18513349.jpg


夕食は船盛をはじめとする会席料理でお腹いっぱいになりました。

夜は、前記事の蛍を見に行ってと充実の一泊二日の旅行でした。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-06-15 18:53 | 昆虫写真 | Comments(0)
嫁さんと嫁さんのお母さんを連れて淡路島のホテルニュー淡路夢泉景へ行きました。
ちょうど、今のシーズンだと、ホテルの無料ツアーで山蛍見ツアーがありましたので
行ってきました。

d0251387_15203161.jpg


淡路島なら田舎だし、ゆったりと蛍見物と思いきや、蛍の数より人の数、いえ
車の数の方が多くて、100台以上の車が狭い道を行ったり来たり
無料のツアーで自由時間もたった20分
とんでもないツアーです。(汗)
まあ、無料ですから、文句は言えません。

はじめは10秒露光で始めましたが、10秒と車のライトが照らされない
事は無いくらい、車が多い。(汗)
最終は6秒露出で無理やり撮影しました。

オリンパスOM-D EM-5 MZD12-24mmF2.8 PRO
ISO800 F3.2 10s 6s の合計23カットをステライメージ7で
明合成処理。

本来ならとても暗い場所で、足元が全く見えないくらいの良い場所なので
1分とかのカットを含めて明合成したかったのですが、全然無理で
無理やり撮ってきたって感じです。
まあ、制限時間20分以内のぶっつけ本番でしたから
まあ、画像もそれなりです。

ゆっくり撮ればよい場所です。
水も綺麗で、水面に沢山の蛍の光も映っています。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-06-15 15:30 | 昆虫写真 | Comments(2)
最近天体写真に嵌ってしまって、中々昆虫撮影にさく時間がありません。
今期初めての昆虫撮影です。(大汗)

d0251387_175713100.jpg


シオカラトンボ♂

D7100+シグマ180mmF2.8マクロ
ISO100 1/1250s F3.0

d0251387_18154675.jpg


D7100+シグマ180mmF2.8マクロ
ISO100 1/1250s F3.2

久々のトンボ飛翔撮影ですが、流石に入門編のシオカラトンボは
余裕ですね。(笑)

d0251387_18254691.jpg


コサナエ♂
春の代表的なサナエトンボですね。

D7100+シグマ180mmF2.8マクロ
ISO100 1/640s F3.0


d0251387_18274412.jpg


飛翔撮影トレーニング中級編(笑)
ヒラタホソアブです。
体長10ミリ程度

D7100+シグマ180mmF2.8マクロ
ISO100 1/1250s F3.5

d0251387_18311714.jpg


ハラビロトンボ♂未成熟

春のトンボですね。
未成熟個体があちらこちらで見られました。

OM-D EM-1+MZD60mmF2.8 MACRO
1/1250s F2.8 ISO200

d0251387_18335243.jpg


アサヒナカワトンボ(ニホンカワトンボ)

OM-D EM-1+MZD60mmF2.8 MACRO
1/800s F4 ISO200

春一番に見られるカワトンボです。
沢山いたので、寄れる個体を選びました。(笑)

これから入梅にかけて、昆虫も一番良い季節ですね。
久しぶりの撮影で、すっかり私と昆虫とのワーキングディスタンスの感が
狂っていて、随分逃げられてしまいました。(汗笑)
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-05-18 18:38 | 昆虫写真 | Comments(0)
久しぶりに、雨上がりの星の池へ行くと

d0251387_20522494.jpg


昆虫はまだまだ夏の昆虫が主役ですが、空気そのものは秋を感じます。

キイトトンボ♀

D7100+シグマ180mmF2.8

d0251387_20545787.jpg


オオスカシバ

d0251387_20555395.jpg


ツマグロヒョウモン

流石に、ここに来て、蝶の姿が多く目に付きましたが、ヒョウモンチョウやツマグロヒョウモン
ばかり、ナミアゲハは全く見なかったです。

d0251387_20575812.jpg


トンボはシオカラトンボとギンヤンマだけ、
いったいどうなっているのでしょう?
やはり、年々昆虫が減少しているとしか考えられないですね。

d0251387_21007.jpg


セイボウが結構目立ちました。

日が差すと、汗ばみますが、時折吹く風はまさに秋の風の爽やかそを
感じました。
[PR]
by tenmontyu2 | 2013-09-08 21:02 | 昆虫写真 | Comments(0)
この前の土曜日の撮影からです。
近畿の梅雨もやっとそれらしくなってきました。

d0251387_21295596.jpg


まずはクロスジギンヤンマ♂のパトロール飛行
D7100+180mmF2.8MACRO

ギンヤンマと違ってクロスジギンヤンマは殆どホバリングしないので
飛翔撮影は撮り難い対象です。

d0251387_2133930.jpg


ネジバナとモンシロチョウとスイレンの白い花
D7100+180mmF2.8MACRO

d0251387_2134150.jpg


モンシロチョウの交尾拒否
スイレンの葉に止まっている蝶がメスで上を飛んでいるのがオスです。
お尻を突き出しているのが交尾拒否の行動です。
動物とはちょっと違う行動で、面白いですね。

d0251387_21373858.jpg


クロスジギンヤンマの産卵

d0251387_21383972.jpg


クロスジギンヤンマ♀の産卵飛行

d0251387_21393813.jpg


d0251387_2140664.jpg


ショウジョウトンボの産卵飛行

同じトンボでもいろんな産卵方法があって面白いです。
ちなみに、ショウジョウトンボは打水産卵です。

d0251387_2143558.jpg


最後はギンヤンマです。
ギンヤンマは連結したまま、雄が雌の産卵を警護します。
[PR]
by tenmontyu2 | 2013-06-27 21:44 | 昆虫写真 | Comments(2)