ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

2017年 05月 25日 ( 1 )

ゴールデンウィーク前半戦 御杖高原二日目 Nikon VR300mmF2.8G+D810A編

連荘で御杖高原遠征の二日目です。
あまり、寝れてないので、睡魔との闘いみたいな感じです。(汗)

VR300mmF2.8の初期型VR特有のレンズが影響する熱ノイズに悩まされてましたが
RAP2を導入してからは嘘のように綺麗にダークもフラットも引けるようになり
十分実用的なレンズとして使えるようになりました。
フルサイズに限った話だと、FSQ85EDよりも周辺像は段違いに良くて、中心像も
勝るとも劣らない星像で300mmの画角でこれからかなり活躍できるレンズだと思ってます。
勿論 F2.8→F3.2に絞った場合です。
それでもFSQ85ED+RDと比較してF3.8がF3.2 焦点距離が327mmに対して300mmと殆ど変わらない写野
ですから、0.5段明るいF値は大きいです。

d0251387_22153874.jpg
この時期の定番のアンタレス付近
まあ、300mmあると写野的には良い感じですね。

Vixen SXP
Nikon VR-ED300mmF2.8G
F2.8→F3.2
Nikon D810A
ISO3200 120s×62枚 124分

d0251387_22151870.jpg
いて座のM8-20
この対象は500mmくらいの方がよい感じですが、3600画素のD810Aですから
トリミング耐性も高いです。

Vixen SXP
Nikon VR-ED300mmF2.8G
F2.8→F3.2
Nikon D810A
ISO3200 120s×26枚 52分


d0251387_22162080.jpg
出目金と彼岸花星雲
サソリ座の尾の近くですから、低空ですね。
流石に大気の減光が強く影響されてしまいます。

Vixen SXP
Nikon VR-ED300mmF2.8G
F2.8→F3.2
Nikon D810A
ISO3200 120s×23枚 46分

この日も結局、南の低空の透明度はいまひとつでした。
入梅前にスカッと晴れた空の下で撮影したいですね。


[PR]
by tenmontyu2 | 2017-05-25 22:40 | 天体写真 | Comments(0)