ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

GINJI300FNファーストライトin薄曇りの神野山

GINJI300FNのファーストライトに神野山に行きましたが、折角の新月期でしたが
薄曇りの神野山でした。
4等星が見えるか見えないかの空で、おまけに濃い目の雲通過も多数ある中
ファーストライトを強行して来ました。(滝汗)

神野山のメンバーも多数来られて
神野山がま口壊れ隊からは、まーくん、くろさん、グッチさん、ノブさん
そして、シゲポンさん、そして、神野山天文クラブの大和さん

私の隣には、このブログを見てGS200RCを買って色々と研究されている方(ごめんなさい
HNわからないです。)

まあ、薄曇りの中、それなりに楽しめました。
ご一緒した皆様、ありがとうございました。

d0251387_21173831.jpg


薄曇りで、おまけにシーイングはかなり悪く、普通なら撮影しないような日ですが
まあ、テスト撮影ですから、これからGINJI300FNの調教に必要な情報収集ということで
写真はトリミングしてます。

M51

GINJI300FN+バーダーMPCC-MK3
QHY9
外気温度12℃ 冷却温度-15℃
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX+アドバンスユニットによるオートガイド

L:180s×12 RGB:180s×3
合計63分

d0251387_21252252.jpg


M13

GINJI300FN+バーダーMPCC-MK3
QHY9
外気温度12℃ 冷却温度-15℃
Vixen AXD
miniBORG50+2.4倍バロー+Watec910HX+アドバンスユニットによるオートガイド

L:180s×8 RGB:180s×3
合計51分

流石にM13を撮っているうちに2等星が見えるかどうかになってしまって終了。(汗)

今回の撮影でわかったことは
車での移動で、光軸が若干ずれてしまいました。
明るいうちに現地入りして、光軸を調整必要です。
今回はそのまま撮影してます。
後、光軸のズレの方向に若干周辺減光の中心もずれてます。

後は、流石に30センチなので、シーイングの影響大きいです。
遠征時には選択できる鏡筒をもう一本載せていきたいところです。
さしずめ、ε180EDとか。

次回は良い空で試してみたいですね。
次はゴールデンウィークですかね。(汗)
[PR]
by tenmontyu2 | 2016-04-09 21:37 | 天体写真 | Comments(2)
Commented by くろ at 2016-04-10 18:39 x
こんばんは。
ますます機材がバージョンアッブしてますね。
大吟醸は現地で見て驚きました。(汗)
光軸やシーイングが決まるとすごい写真が撮れそうですね。
それにしてもこの新月期は坊主になってしまいました。
なんとか次はスッキリ晴れて欲しいです。
Commented by tenmontyu2 at 2016-04-13 07:27
くろさん
GINJI300FNはやはり、F4と純ニュートンとしては最大級に明るいので、現地での最終光軸調整は不可欠のようですね〜
光軸のシビアさはε180EDに引けを取らないカモと思っております。
ゴールデンウイークの遠征には明るいうちに現地入りして両方のファーストライトしたいです。