ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

熊野 井内浦農村公園 遠征

1月の新月期は三重県熊野の井内浦農村公園に遠征に行きました。
今回は三連休ということで2泊です。

d0251387_13324595.jpg


とりあえず撮影風景
Nikon V1 10mmF2.8 30s

d0251387_1334985.jpg


M1 カニ星雲

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO3200 300s×20コマ 100分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

今回はガイドをコバンザメ方式に替えてのガイドです。
親子亀よりは鏡筒のたわみの影響少ないです。

d0251387_13455555.jpg


M81

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO6400 300s×10コマ 50分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

d0251387_13481186.jpg


M33

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO5000 360s×16コマ 96分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

終盤のM33です。
秋の天候不良により好シーズンに撮りそびれました。
画角的にはみ出してますが、内部構造はわかりやすいです。

d0251387_13522946.jpg


M97 フクロウ星雲

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO6400 300s×3コマ 9分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

d0251387_13563518.jpg


M108

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO4000 300s×30コマ 150分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

なにゆえ、M108ごときを150分も撮影したかですが、実は2日目の撮影で
24時にこの対象をスタートして、5時まで爆睡してしまいました。
5時間無駄にするところ、2時間半の無駄で済んだわけですが
枚数を増やしがいの無い対象でした。(汗)

d0251387_1402036.jpg


バラ星雲

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO6400 300s×8コマ 40分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

並列同架の鏡筒でバラ撮影中にとりあえず、鏡筒を遊ばすのももったいないので
バラ中心部です。

d0251387_1432762.jpg


NGC4565

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO6400 300s×8コマ 40分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

エッジオンですね。

d0251387_1424789.jpg


ω星団

Vixen AXD
笠井GS200RC+笠井RD0.8
centralDS ASTRO60D
miniBORG50+Vixen c-MOUNTバロー2.4×
Watec 910HX アドバンスユニットによるオートガイド

ISO3200 180s×16コマ 54分
ステライメージ7 Nikon NX2 フラットエイド による画像処理

今回メインのω星団です。
熊野でも低い高度ですね。(汗)
低空の大気差やシンチレーションが大きく影響受けてますから、長焦点は微妙ですね。
600mm程度の焦点距離の方が見栄え良いかもですね。

d0251387_141052.jpg


次回の遠征では長焦点系はモノクロ冷却CCDでの撮影になります。
今、記事を書きながらモノクロ冷却CCD到着待ちです。
来月の新月期には撮影できるように色々と準備が必要です。
[PR]
by tenmontyu2 | 2016-01-23 14:13 | 天体写真 | Comments(2)
Commented by はーろっく at 2016-01-23 14:50 x
 こんにちは。すさみを越えて行かれたんですね、かなりの遠距離遠征ご苦労様でした。各対象もアップになると凄く迫力ありますねぇ。おっと!おそろいのフードもカッコよくきまってますね。コバンザメ方式のガイドの方が長焦点になるとかなり差が出るのでしょうか。
 冷却CCDが待ちどうしいですね、私は去年の11月から全く出陣してませんので撮影方法を忘れかけてます。寒いのでかなり出不精になっています。がま口壊れ隊の皆さん中々活発ですね。
Commented by tenmontyu2 at 2016-01-26 14:38
はーろっくさん
反対回りで今回行きました。
高速道路が熊野まで開通していて、殆ど高速で行けます。
3時間くらいで行けるので、すさみより時間は短いです。
冷却CCD到着しましたので、今色々と自宅テスト中です。
2月の新月期には実戦投入したいと思ってます。
また、ご一緒しましょうね。