ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

メインパソコンの水冷化

現在のメインパソコンは3年前の夏に組み立てで

基本構成はCPUがi7-3770Kに16GBメモリーと起動ドライブがSSDの構成で
現在でも画像処理パソコンとしては十分通用する力量です。
ただ、ノーマルCPUファンが非力で、夏には温度上がり気味でした。
ケース内部の清掃を兼ねて、CPUファンを水冷化ししました。

d0251387_20201377.jpg


選んだ水冷ファンはこれです。
電源とかケース作っているメーカーですね。

d0251387_20214182.jpg


before
インテルの空冷ファンです

d0251387_2023581.jpg


after
水冷化完了です。

ケースはCoolerMasterのケースで、ミドルタワーですが寸法に余裕があり、
冷却化も問題なかったです。
元々このケースは天板、バック、フロントに各1個の12センチファンが付いていて
天板はもうひとつ付けるスペースが在りました。
バックのファンを天板に移動して、水冷のラジエーターファンをバックに付けました。
これで無駄無しです。
この水冷システムはラジエーターのファンがダブルに成っていて、冷却効果高そうです。
ファンも改装前より増えたので、マザーボード周辺の温度低下にも貢献しそうです。

ASUSのファンチューニングソフトで最適化して完了です。

d0251387_20304681.jpg


無負荷時
改装前は39度前後でしたから、少し下がっています。

d0251387_20321126.jpg


高負荷時
画期的に低いです。この状態だと改装前は20秒程度で70度に達しますが
最大でも43度程度で40度くらいを前後します。

水冷効果これほどとは、、、
面倒くさくて、中々出来ませんでしたが、もっと早くやればよかったと後悔。
デスクトップの水冷化、高性能CPUには必須かもですね。
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-09-06 20:36 | 天体写真 | Comments(0)