ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

曽爾高原 CD-1+tamron90mmF2.8Macro編

d0251387_1914389.jpg


定番のアンタレス付近

アイベルオリジナルCD-1+Vixen DD-3 タムロン90mmF2.8マクロ (172E)
Nikon D3200 IR改造 ISO 1600 125s×19コマ
総露出時間 40分

ステライメージ7+Nikon CapturNX2
による画像処理。
外気温2.5度

ちなみに、ダークとフラット無し(爆)

d0251387_19424741.jpg


M8からM16にかけての天の川

アイベルオリジナルCD-1+Vixen DD-3 タムロン90mmF2.8マクロ (172E)
Nikon D3200 IR改造 ISO 1600 125s×13コマ
総露出時間27分

ステライメージ7+Nikon CapturNX2
による画像処理。
外気温2.5度

勿論、ダークとフラット無し(爆)

って言うか、こういう広域写真の処理苦手ですし、まあ高度も低い撮影でしたので
次回もっと条件のよい撮影の時には気合入れようかなぁなんて言い訳です。(汗)
まあ、ノータッチガイドの放置ですから手間は掛かってませんし。(笑)
後は気になるのはこのタムロンのマクロレンズ、青ハロがおおめなので、次回は
ニコンのVR ED85mmF3.5GMICROにするかどうか悩みどころです。
手持ちのマクロはNikon Ai-s55mmF2.8, NikonAF60mmF2.8SMICRO
SIGMA 180mmF3.5D, Tamron 180mmF2.8DiMacro
そして、フローライト3枚玉のSIGMA 180mmF2.8 MACRO
と玉数はありますが、星野撮影となると適当なものが無いので、180mmクラスは流石に
解像度の点からも手持ちの赤道儀だとGPD2に載せないと厳しいですし、CD-1の1軸ガイドって言う方法もありますが、大げさになって手軽さという点では微妙ですしね。
本当は、135mmF2.8クラスが欲しいところですが、星以外では使い勝手なさそうなので、中々手が出ませんねぇ。(汗)
[PR]
by tenmontyu2 | 2015-03-26 20:10 | 天体写真 | Comments(0)