ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

神野山でのFSQ106ED

神野山は天の川が何とか見える程度の言わば光害地です。
ここでの撮影は淡い星雲とかはちょっと難しいですが、そこそこ派手な対象は
十分撮影できます。

d0251387_20304434.jpg


FSQ-106ED +530mm F5
LPR-N(光害カットフィルター)
ASTRO60D (IR+冷却改造EOS60D)
Vixen SXP赤道儀
BORG 60EDガイド鏡+ワテック902H2 アドバンスユニットによるオートガイド撮影

ISO 2000 300s×11コマ 総露出時間 55分
ステライメージ7によるコンポジット加算平均+画像処理
Nikon NX2による画像処理

光害カットフィルターを使ってF5で5分が限度です。
ちなみに大台ヶ原だとF3.6 のノーフィルターで6分は問題ないですから
もし、同じ条件で大台だとおおよそ15分くらいは露出可能な計算になります。

d0251387_20374212.jpg


FSQ-106ED +530mm F5
LPR-N(光害カットフィルター)
ASTRO60D (IR+冷却改造EOS60D)
Vixen SXP赤道儀
BORG 60EDガイド鏡+ワテック902H2 アドバンスユニットによるオートガイド撮影

ISO 2000 300s×7コマ 総露出時間 35分
ステライメージ7によるコンポジット加算平均+画像処理
Nikon NX2による画像処理

d0251387_20395529.jpg


FSQ-106ED +530mm F5
LPR-N(光害カットフィルター)
ASTRO60D (IR+冷却改造EOS60D)
Vixen SXP赤道儀
BORG 60EDガイド鏡+ワテック902H2 アドバンスユニットによるオートガイド撮影

ISO 2500 300s×12コマ 総露出時間 60分
ステライメージ7によるコンポジット加算平均+画像処理
Nikon NX2による画像処理

d0251387_20404690.jpg


FSQ-106ED +530mm F5
LPR-N(光害カットフィルター)
ASTRO60D (IR+冷却改造EOS60D)
Vixen SXP赤道儀
BORG 60EDガイド鏡+ワテック902H2 アドバンスユニットによるオートガイド撮影

ISO 2500 180s×14コマ 総露出時間 42分
ステライメージ7によるコンポジット加算平均+画像処理
Nikon NX2による画像処理

スバル撮影以降から撮像素子ゴミが付着して、おまけに撮影する度に移動
フラットファイルを作成しましたが、移動するゴミには手が打てません。
自宅で、確認すると、ブロワひと吹きで解消しました。
レデューサー無しだと、ドローチューブ内のホコリが撮像素子に落ちたようですね。
今後はこの辺も注意して撮影しないと駄目ですね。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-10-20 20:45 | 天体写真 | Comments(1)
Commented by くろ at 2014-10-21 18:59 x
土曜日はお疲れ様でした。
ど迫力の網状星雲ですね〜。神野山ならこんな対象が狙い目ですね。
フラットは奥深いですね。私もムラが出たので撮り直しです。