ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

秋分の日in神野山 その1

春分の日の前日は久々の新月期の晴天で、メインフィールドの
神野山は天体観測者で大賑わい。

神野山星見隊のメンバーも沢山来られて、楽しく撮影できました。
FSQ-106ED使いにまだ、不慣れな私は、とりあえず一台体制で
望みましたが、これだけ晴れるのなら無理して2台体制でも良かったかもです。

d0251387_20371948.jpg


網状星雲 (白鳥座)

FSQ-106ED + レデューサーQE 0.73X 385mm F3.6
ASTRO60D (IR+冷却改造EOS60D)
Vixen SXP赤道儀
BORG 60EDガイド鏡+ワテック902H2 アドバンスユニットによるオートガイド撮影

ISO1600 300s×9コマ 総露出時間 45分
ステライメージ7によるコンポジット加算平均+画像処理
Nikon NX2による画像処理

385mm+APS-Cの画角だと、網状は全部入れるとかなり窮屈ですね。
9枚撮り終ったあと、痛恨の子午線越えのため、鏡筒反転のため赤道儀が強制停止。
この後、反転した後に15コマ撮影しましたが、画面がずれていて、両方をコンポジットするのは
断念しました。(汗)

って事で、網状のリベンジは見事に返り討ちにあいました。
あと一回程度のチャンスはあるかも知れませんが、下手するとこの対象は来年に
持ち越しになる可能性大。(汗)

それにしても神野山の空のコントラストは低いですね。
猪名川天文台の方が、天頂から北は暗いですね。

d0251387_2047675.jpg


同じ画像をモノクロ変換してみました。
昔なつかしのコダック スペクトロス コピック103aEを思い出しますね。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-09-23 20:49 | 天体写真 | Comments(0)