ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

タカハシFS-60CB+RDファーストライト

FS-60Qは元々、ガイド鏡用途で使っていたのですが
北アメリカや網状星雲など大きく広がった星雲撮影用の鏡筒の手持ちが
無いので、FS60QのエクステンダーをはずしてFS60CBとして撮影鏡筒
に昇格させることにしました。(笑)

d0251387_19215891.jpg


北アメリカとペリカン星雲
FS-60CB+タカハシ レデューサー C0.72X
Nikon D3200新改造
LPS-D1光害カットフィルター
F4.2 ISO1600 240s
ステライメージ7で4枚コンポジット合成

タカハシの最下級モデルですが、流石タカハシ、周辺までシャープでゆがみの
無い星像に満足、今回は時間が無くてコンポジット枚数が少ないですが
リベンジしてちゃんとした北ペリを撮りたいです。

d0251387_193054.jpg


網状星雲
FS-60CB+タカハシ レデューサー C0.72X
Nikon D3200新改造
LPS-D1光害カットフィルター
F4.2 ISO1600 240s
ステライメージ7で4枚コンポジット合成

網状も西に傾いてからの撮影でした。
これもリベンジしたいですが、撮れるとしてもあとワンチャンスでしょうか。

おまけはアンドロメダ大星雲です。

d0251387_1946195.jpg


FS-60CB+タカハシ レデューサー C0.72X
Nikon D3200新改造
LPS-D1光害カットフィルター
F4.2 ISO1600 240s
ステライメージ7で3枚コンポジット合成

薄明間際で3枚コンポジット、一枚あたりの露出時間も足りてませんが
FS60CB+RDの255mmの画角の広さを感じることが出来ますね。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-07-28 19:31 | 天体写真 | Comments(0)