ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

ガイドシステムの軽量化とドブテイルバー

梅雨で星は見に行けないし、昼間も天気がイマイチですしこんなときは
来るべき梅雨明けに万全の体制で星撮影できるように機材の点検と
整備が一番でしょうか。

d0251387_19431066.jpg
今まで、タカハシFS-60Qから、ボーグ60EDに変更
フリップミラー化したので、アドバンスユニット使用時でも
軽快にガイド星を探せます。

d0251387_19523579.jpg
25ミリのアイピースだと、ガイド星の検索も14倍の低倍率で
容易に出来ます。

d0251387_19541636.jpg
30年前のC8は現在のアリ型アリ溝システムと互換性が無く
撮影鏡筒としては強度も低いので、ドブテイルバーを購入
アリ溝はDS-80化で、強度アップです。

d0251387_19541559.jpg
バイザックがビクセン幅アリ溝のままなので、使いがってが良くないので
星見屋オリジナルビクセンアリガタ ⇒ Losmandy 3" アリミゾアダプター
これで、バイザックとC8とマルチプレートの共有と強度アップが出来ていれば
良いかなぁと思ってます。


[PR]
by tenmontyu2 | 2014-06-28 20:29 | 天体写真 | Comments(0)