ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

ガイドシステムの軽量化

メイン赤道儀のSXPは現在、撮影鏡がVixen VC-200Lに
タカハシFS-60Q+フリップミラー+ワテック902H2+アドバンスユニットで並列式

ガイドシステムとしては結構重量ありますが、目下のところこのシステムで
VC-200L+レデューサーで1278mmF6.4で比較的安定したガイドが
出来てます。
問題はサブ赤道儀のGPD2の方ですが、こいつは元々耐架重量も10キロと
低くく、出来るだけ同架重量を抑えたほうが良いので、ガイドシステムのてこ入れ
をしてみました。

d0251387_2334949.jpg


コーワ LM100JC 100mmF2.8
QHY5LⅡ
K-ASTEC 天文用アルカスイス規格プレート DP38-110
K-ASTEC 天文用アルカスイス規格クランプ DS38

d0251387_2374613.jpg


と従来のGPD2用に使用していた、ペンシルボーグを流用して
QHY5LⅡ
K-ASTEC 天文用アルカスイス規格プレート DP38-110
K-ASTEC 天文用アルカスイス規格クランプ DS38

ペンシルボーグは長いのでK-ASTEC トッププレート TTP125を
組み合わせてアセンブリしました。

従来はペンシルボーグの並列式なんていうような、ちょっとナンセンスなシステムでしたが
これで、軽量な親子亀式として、ガイドの歩留まりと見た目のスマートさを狙ってみました。(笑)

梅雨真っ只中で、テストもままなりませんが、コーワ LM100JC中々良さそうです。
ケーアステックによれば、75mmのガイド鏡とQHY5LⅡで1000ミリ程度ガイド
も可能とブログの記事に掲載されていることもあり、今後、手持ちのED103sや
SKY90をGPD2でガイドするときのメインガイド鏡はこのレンズになりそうです。

ちなみに、写真は無いですが、SKY90の鏡筒バンドにも加工して
K-ASTEC 天文用アルカスイス規格クランプ DS38を取り付け済みです。

実際の撮影してから、また報告したいと思っています。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-06-06 23:24 | 天体写真 | Comments(2)
Commented by くろ at 2014-06-07 15:08 x
いよいよ2台目のオートガイドシステム完成ですね。
このコーワのレンズはガイド鏡ようなのでしょうか?
焦点距離の違う鏡筒で条件のいい空の日にたくさん取れるといいですね。
わたしも次回はポラリエ持参にしようと思ってます。
Commented by tenmontyu2 at 2014-06-10 22:20
くろさん、こんばんは。
コーワのレンズは100mmF2.8で立派なガイド鏡になるらしいです。(笑)

ポラリエ良いですね。
私はもっとちっさいナノトラッカーを持ってますが
ガイド精度は良くないです。
ニコンのDX10.5mmF2.8 対角線魚眼で利用しますが
今度35mmF2あたりでチャレンジしてみようかななんて思ってます。