ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

天体撮影機材 タカハシSKY90編

d0251387_22304495.jpg


タカハシのSKY90です。

フローライトの2枚玉アポクロマート
口径90ミリ 焦点距離500mm F5.6

フローライトを使っているアポクロマートとはいえ、F5.6は短く
そのまま写真撮影に使用すると、周辺にはコマ収差が出ます。

d0251387_22344362.jpg


今回はこの鏡筒と専用のフラットナーレデューサーと
エクステンダー×1.6Qを入手しましたので、眼視、撮影とオールマイティな
鏡筒です。

写真撮影はフラットナーレデューサーで407mmF4.5
となり、アンドロメダ大星雲やプレアデス星団等を撮影するのが
楽しみです。
また、ED103s+EDレデューサーの組み合わせで
533mmF5.2との比較も楽しみです。

どちらも2枚玉のアポクロマート、旧型タカハシVSビクセン現行機種



d0251387_22392637.jpg


おまけに、フェザータッチのデュアルフォーカッサーも付いてます。

まあ、春はとりあえず長焦点のVC200Lで系外銀河ばかり撮影の予定なので
この鏡筒の稼動は夏から秋に活躍してもらう予定です。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-03-05 22:50 | 天体写真 | Comments(0)