ブログトップ

天文中年の部屋2

tenmontyu2.exblog.jp

昆虫や野鳥や天体写真とロードバイク奮戦記

前回の天体撮影のリベンジ編 後編

後編です。

撮影機材は共通

Vixen VC200L+レデューサー0.71
1278mmF6.4
Vixen SXP+アドバンスユニット+ワテック902H
オートガイド
60D-FM

この日の神野山には、撮影機材が10台以上並んでいて、とても盛況でした。

d0251387_1985697.jpg


M101 回転花火銀河

ISO 3200 360s×2+ISO 1600 420s×2

やっぱり薄いですね、この銀河。
再度のリベンジが必要です。
前回よりはよくなっていますが、まだまだですね。
この日は、透明度が悪くて条件が厳しかったのも理由のひとつかもしれません。
次は、透明度の良い日にチャレンジです。

d0251387_19123197.jpg


NGC2903

ISO 3200 360s×2+ISO 1600 360s×2

初挑戦の対象です。
この天体も、レデューサーなしでチャレンジしたいです。

d0251387_19155164.jpg


M106

初挑戦の対象です。
この天体は外周の薄い部分の写りが悪く難しい対象ですね。
透明度の高い日にチャレンジしたいです。

撮影を重ねるごとに、少しずつ良くなっていると思うのですが
次から次へと新しい課題が出てきます。

機材の限界までのクオリティを引き出すことは、中々容易ではないですね。
奥が深い。

少しずつスキルをアップしていきたいと思います。
[PR]
by tenmontyu2 | 2014-02-02 19:22 | 天体写真 | Comments(0)